読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

野球部の教科書~技術編4~ 走塁

走塁 野球部の教科書

走塁で勝敗が決まることも多い!

走塁が武器のチームを作ろう!!

 

ここまでの野球部の教科書~技術編~

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

 

(走塁)

 よく走塁にはスランプがないと言われます。特に中学野球では走塁の出来が勝敗に大きく関わってきます。盗塁や走塁の基本的な考え方をこの項で学んでいきましょう。打てないときでも走塁で点を取れるチームを目指しましょう。

戦略的なバッティングと走塁術がよくわかる 野球 攻撃・走塁事典 (LEVEL UP BOOK)

戦略的なバッティングと走塁術がよくわかる 野球 攻撃・走塁事典 (LEVEL UP BOOK)

 

 

1、盗塁

①通常の盗塁を覚えよう。

…ピッチャーが足を上げたと同時にスタートを切る一般的な盗塁です。ピッチャーのクイック、球のスピード、キャッチャーの肩、などと自分の足の速さを比較し、セーフになる確率が高いと思った場合はこの盗塁を行いましょう。

 

②ディレードスチールに挑戦しよう。

…ピッチャーが投げ、キャッチャーミットにボールが収まってからスタートを切る盗塁です。多少のリスクがあるので、通常の盗塁ではアウトの可能性が高いときに行います。キャッチャーが膝をつけてキャッチングしていたり、セカンドとショートのカバーリングが遅かったりと隙がある場合は成功し易いです。勇気がいりますが、意外と成功率は高いです。また、キャッチャーの返球が山なりだったり、雑だったりする際はそこを狙っても良いでしょう。

 

③フライングスタート(ギャンブルスタート)に挑戦しよう。

…ピッチャーが投げる前(セットポジション中)にスタートを切る盗塁です。ピッチャーの中にはセットポジションの長さがワンパターンになる選手がいるので、その場合や牽制の可能性が低いと感じた場合に利用します。セットに入って3秒でスタート、2回牽制をもらったらもう牽制はない、などと決めてスタートを切ります。ギャンブル性がかなり高く、リスクがあるため、外されて牽制死は仕方がないと割り切りましょう。

 

④3盗のテクニックを習得しよう。

…3盗のみで行う盗塁方法を習得しましょう。1塁にランナーがいるときと異なり、2塁にランナーがいる際は常にベースに内野手はいないというところを突く盗塁方法です。ピッチャーが投げる前(セットポジション中)でかつこちらを見ていない、内野手(特にセカンド)がベースにべたづきではない、以上の条件が整っているときにピッチャーを見ながらスタートを切ります。その際、ピッチャーが振り向いたら、ストップして戻ります。内野手がベースべたづきでないのならこれでもセーフになります。

www.taguchizu.net

 

⑤ホームスチールに挑戦しよう。

…意外と決まるのがホームスチールです。特に3塁への偽投が禁止になった今のルールでは威力が高いです。行い方は数種類あって、一つ目はピッチャーがセットに入ると同時にスタートを切り、ボークを狙う方法。右ピッチャーの際に狙いやすいです。二つ目は投げる前にスタートを切るフライングスタートに近い方法。これは左ピッチャーでフォームがクイックではない場合に狙いやすいです。特にキャッチャーが外角に構えている場合はチャンスです。三つ目はキャッチャーが返球する瞬間にスタートを切る方法。無警戒で返球が山なりの時には成功しやすいです。いずれの場合も狙っている雰囲気をいかに隠すかが重要です。2アウトでバッターが打つ可能性が低いときなどは積極的に挑戦してみましょう。

www.taguchizu.net

 

2、走塁技術

①常に全力疾走で先の塁を狙おう。

…1塁への駆け抜けは塁審まで全力疾走、フライのオーバーランはセカンドまで全力疾走(ランナーがいない場合はしないですが)を徹底しましょう。外野前の打球もシングルヒットと決めつけずに常に2塁を狙います。また、2アウト時のフライやゴロの際の全力疾走は相手のミスで点が入るかどうかに大きく関わってくるので、特に要注意です。たとえアウトになったとしても常に全力疾走で先の塁を狙う姿勢は相手にとっては脅威です。

 

②1塁ランナーのリードは4メートルを目安にしよう。

…リードを大きくとることでピッチャーにプレッシャーをかけることにつながります。それでコントロールを乱してくれればチャンスは広がります。基本は左手を膝につけ、右手はだらんと脱力しておきます。リードの目安は4メートルにしましょう。帰塁は右足をクロスで一歩走ってからのヘッドスライディングです(2塁ランナーの場合は危ないので足からのスライディング)。もちろん、個人差がありますので、そこを基本として微調整が必要になります。自分がどこまでリードできるかをしっかりと把握しておきましょう。

 

③左ピッチャーはさらに大きくリードを取ろう。

…左ピッチャーは速い牽制がありません。右ピッチャーのときよりもさらに大きくリードを取ることができます。その代わりに第二リードはシャッフル一回だけで構いません。スタートも遅くして構わないのでリードの大きさでプレッシャーをかけましょう。左足を少し後ろに引いてリードを取ると帰塁しやすいのでおすすめです。

 

④外野への打球は自分で判断しよう。

…コーチャーはいますが、基本的にはほとんどの打球は自分で判断できます。ライト線など見えない打球はコーチャーに頼りますが、センターからレフトの打球は自分の判断でできるはずです。自分がバッターで左中間、右中間に打球を打った場合、二塁打は確定なので、1塁へはふくらみません。2塁がきわどいプレーになるときだけふくらむようにしましょう。

www.taguchizu.net

 

⑤ローボールスタートを習得しよう。

…走塁テクニックとしては必須です。先生はローボールスタートと言っていますが、呼び方は人それぞれで、「ローボールゴー」「ワンバンゴー」などいろいろな呼び方があります。ピッチャーが投げたボールがワンバウンドしそうだと思ったら、第二リードのシャッフルの最後の右足に大きく体重をかけます(身体を先の塁に傾ける)。ワンバウンドしてからではなく、「ワンバウンドしそうだ」と判断したら行うのがポイントです。そして、実際にワンバウンドし、キャッチャーがはじいたらそのままスタートを切ります。もしキャッチャーが捕球したら急いで切り替えして帰塁します。キャッチャーがはじいてからスタートを切ると間に合わないことが多いのですが、このローボールスタートができるとセーフになる確率が大きく上がるので必ず覚えましょう。1塁ランナーの場合、相手チームのキャッチャーの肩がそんなに強くなかったらワンバウンドすると思ったらそのままスタートしても良いです。キャッチャーが捕球できたとしてもディレードスチールになるのでセーフになります。

www.taguchizu.net

 

野球部の教科書~技術編~のPDF版はこちらからどうぞ!

www.taguchizu.net

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net