中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

「走塁」に力を入れたチームを作ろう!

走塁にはほぼスランプがない!

走塁が勝敗を分けること実はかなり多いですよ!

 

〇走塁をチームカラーにする!

チームによってチームカラーというものがあると思います。

みなさんのチームはどんなチームカラーをもっているでしょうか。

チームを作る上でチームカラーつまり「武器」となるものを作ることは非常に重要なことではないかと思います。

特に「打撃」「守備」「走塁」この三つのうち、どこに比重を置くかは勝敗に大きく関わってくるのではないかと感じています。

 

 

〇走塁に力を入れることでチームの力は安定する!

私はチームを作る上で、まずは「走塁」を全面に出したチームを作ります。


プロ野球 伝説レベルの神走塁集

理由はいくつかあります。

まず一つは、どのチームでも取り組みやすいとからです。

打撃や守備に比べて、走力は差がつきにくい部分です。

練習さえすればある程度のレベルまでは必ずたどり着けます。

相手のレベルが低い場合、フォアボールやエラーも増えるので、そこから走塁でかき乱して得点を重ねることができます。

走塁にはスランプがほぼないので(実際は少しありますよ)、格下の相手に足元をすくわれることが減ります。

 

二つ目は走塁に力を入れることは守備力や打撃力の向上にもつながるからです。

積極的に先の塁を狙う意識で普段から練習することで、ケースノックなどで守備の対応が迫られます。

フライングスタートやローボールスタートなど、走塁のテクニックを身に着けることで、相手がそういった戦法を取ってきたときにも慌てずに対応できるようになります。

ですから、「走塁」に力を入れることは「守備」力の向上にもつながります。

 

また、「走塁」に力を入れ始めると、練習試合等で必ず壁に突き当たるときがあります。

ランナーが出ないとせっかく練習した走塁を発揮できないということです。

結局いくら走塁に力を入れても、好投手から打ってランナーを出すことができなければ負けてしまうわけです。

したがって、どこかのタイミングで「走塁」に力を入れるには「打撃」力も身に着けなければいけないと実感することになります。

 

つまり、「走塁」に力を入れるという意識は最終的に「守備」にも「打撃」にも力を入れるという意識に変わっていきます。

したがって私は勝利に近づくチームカラーとして、走塁に力を入れたチームカラーをおすすめします。

全く勝てなかったチームでも、まず手始めに走塁に手を入れるといくらか勝てるようになります。

そこからが勝負だと思いますから、ぜひ取り組んでみてください。

 

こちらの本は非常におすすめです。

機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

 

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net