読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

投球予告フリーバッティングが大会前におすすめ!(バッティングの応用練習1)

通常のフリーバッティングは少し難易度が高い練習です。

そこで、フリーバッティングの効果を上げる方法を考えてみましょう!

 


大谷のフリー打撃!メキシコの選手も撮影するレベル

〇フリーバッティングは基礎練習にならない 

冬季練習、トレーニングの時期ももうすぐ終わり、ボールを使った練習が増えてくるころだと思います。

バッティング練習もティーバッティングなどを中心に行ってきたのが、投手の投げたボールを打つ練習にシフトしていくことでしょう。

以前からお話ししているのですが、私はあまりフリーバッティングが好きではありません。

フリーバッティングは実践に近い練習なので、バッティングの「基礎練習」にならないからです。

レベルの低い子がフリーバッティングをしたら10球中1球もヒット性の当たりがないなんてこともありますよね。

ですから私は今までお話ししたようにシャトル打ちやロングティー、そしてピッチャーが緩いボールを投げる「ハーフバッティング」をバッティング練習のメインにおいています(もちろんある程度のレベルにあるチームであればフリーバッティングも有効です)。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

 

〇フリーバッティングが必要になるときもある

しかし、チームのレベルが上がってくると「速いボールが打てない」「変化球が打てない」などチームとしての課題に対応した練習としてフリーバッティングを行う必要が出てくることもあります。

また、投手がバッターに投げる経験を積みたいということもあります。

そこで、折衷案として、いきなり実戦形式のフリーバッティングを行うのではなく、「投球予告形式」のフリーバッティングを行ってはいかがでしょうか?

ピッチャーもしくはキャッチャーが「カーブ行きます」「外角真っすぐです」というようにバッターに声をかけて練習を行います。

こうすることで何でもありのフリーバッティングをするよりも少し難易度の低い練習になります。

特に中学生は変化球に慣れていないので、この変化球予告ありで練習すると変化球に少しずつ慣れてきます。

これから少しずつ暖かくなってきたときに練習に取り入れてみてはいかがでしょうか。

もちろんバッティングを崩さないようにフォームは見てあげてください。

www.taguchizu.net

 

ちなみにフリーバッティングは実践で使用しているバットを使うべきだとは思いますが、ビヨンドを始めとする複合バットは傷みやすいので注意してください。

複合バット特集はこちらです。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

 

〇ピッチャーの練習にもなる!

実はこの投球予告フリーバッティングはピッチャーの練習にもなります。

投球予告をして投げるということは、バッターはその球種に絞って待っているわけですから甘いところに行けば打たれる可能性が高くなります。

したがってある程度のコントロールやキレが要求されるわけです。

普通にフリーバッティングをしていると格下のバッターからはどんどん空振りが取れるはずですが、実際相手のクリーンナップだったら痛打されているというボールだってあるはずです。

この投球予告フリーバッティングを行うことで、甘いところだと打たれるという感覚を身をもって感じることも重要なことだと思います。