中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

2塁ランナーの走塁で徹底すべきこと!ターンスチールも覚えよう!!【野球戦術】

2塁ランナーの走塁で徹底できるかできないかで大きな差がつきます!

細かなことでもチーム全体で徹底を!

 

〇走塁は徹底できるかどうか。

今年もプロ野球や高校野球、中学野球などいろいろなゲームを見させてもらいました。

そこで再確認したことは「徹底することの重要性」です。

特に走塁においてはチーム全体で徹底できているかどうかで勝敗が決まることがあります。

私は走塁に力を入れたチーム作りが好きだと何度かお話していますが、今回は2塁ランナーの細かな注意点についてまとめていきたいと思います。

野球ステップアップシリーズ 走塁編

野球ステップアップシリーズ 走塁編

 

 

①2アウト2ストライクのストライクゴー、スイングゴー

…2アウト2塁でバッターが追い込まれている場合、ストライクゾーンにボールが行った場合、三振するかスイングしてバットに当たるかしかありません。

したがって、2塁から見ていてストライクゾーンにボールが行ったと思った瞬間スタートを切らなくてはいけません。

また、ボール球でもバッターがスイングをしたら同じく三振かバットに当たるしかないので、振り始めたらゴーになります。

2塁ランナーはコースが見えるからこそできるプレーです。

すごく細かいプレーなのですが、これをやるかやらないかで、1ヒットで返って来れるかどうか大きく変わってきます。

仁志学校 走塁 仁志敏久 [DVD]

仁志学校 走塁 仁志敏久 [DVD]

 

 

②ランナー1・2塁の3ボールゴー

…ランナーが詰まっていて3ボールの場合、明らかなボール球だと判断した瞬間にスタートを切ります。

これはあまり指導されていないテクニックです。

「ボールの場合結局フォアボールなので意味がない」と思う方も多いと思うのですが、万が一パスボールや暴投になった場合、二つ先の塁まで行ける可能性が出てきます。

また、キャッチャーの視界の中でランナーが動くと捕りづらい、守備も動かざるを得なくなる、ということもあります。

ただ気を付けて欲しいのは際どいボールはバッターが打つ可能性もあるので、「明らかな」ボール球の場合のみスタートするということを注意してください。

これこそ細かいことですが、差のつく部分なので取り入れてみてください。

DVDブック これで完ぺき!野球走塁戦術

DVDブック これで完ぺき!野球走塁戦術

 

 

③2アウト時ホームまでの全力疾走

これはチームとして絶対に徹底すべきことです。

内野ゴロでも全力でサードを回り、ホームまで向かいます。

フライが上がった際にも全力でホームまで走ります。

もし守備にミスが出たときに1点入るのかサードでストップするのかは大きく異なります。

意外とやっていないチームも多いので、練習時から徹底してやり、チーム全員ができるようにしましょう。

これでプロも変わった 守備・走塁の技術と極意

これでプロも変わった 守備・走塁の技術と極意

 

 

④ローボールスタート

…これはしつこいくらい当ブログでお話ししています。

www.taguchizu.net

2塁ランナーはピッチャーのボールの軌道が見えやすいので、投球がワンバウンドした瞬間に3塁へ向かえるようにするテクニックです。

詳しくは上記の記事をご覧ください。

こちらも徹底できると、相手ピッチャーにかなりのプレッシャーがかかりますし、変化球が投げにくくなります。

 

⑤第2リードで出すぎてしまった場合のターンスチール!

ターンスチールはあまり聞いたことが無いかもしれませんが、非常事態の場合に用いる盗塁方法です。

詳しくは以下の記事にまとめてあります。

www.taguchizu.net

2塁ランナーの場合、バントのときなどに飛び出してしまうことがあります。

これはもちろんミスなのですが、諦めてアウトになるのではなく、少しでも可能性のある先の塁への盗塁に切り替えるのがターンスチールです。

飛び出た後、一瞬2塁へ戻るフリをして、すぐさま切り返し、3塁へ走ります。

キャッチャーは2塁へ投げるはずなので、そうすると3塁セーフになります。

偽投だった場合は3塁でアウトになりますが、どちらにせよ飛び出した時点で戻ってもアウトの可能性が高いわけですから、それならば先の塁を狙おうというのがターンスチールです。

肩に自信があって、投げたがりのキャッチャーの場合は成功しやすいので、キャッチャーの様子は常に見ておきましょう。

 

以上、非常に細かい2塁ランナーの走塁についての話でした。

ぜひ練習してみてください。

高代流コーチングDVD「TEAM高代野球部」 ~守備、走塁、コーチング~

高代流コーチングDVD「TEAM高代野球部」 ~守備、走塁、コーチング~

 

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net