中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

新チーム発足時におすすめの練習!まずは基礎力を!!

新チームが結成して最初が勝負!!

新チーム発足時におすすめな練習とは!?

 

〇新チーム発足時にはどのような練習をすべきか?

以前、新チーム発足時にすべきこととして、ミーティングや道徳を活用して、組織力を高めていくことが重要だという話をしました。

www.taguchizu.net

今回は練習メニューをどのようにしたら良いかお話ししていきたいと思います。

 

もし、チームがある程度できあがっている、土台のあるチームであれば、新チーム結成直後でも実践的な練習ができると思います。

しかし、土台のないチーム、先輩たちの代で組織力を作ることができなかったチームは基礎的な練習からスタートせざるを得ないと思います。

新チーム結成から秋大会はあまり時間がありません。

下手したら1か月ほどで大会になってしまうこともあります。

かといって土台のないチームが慌てて実践練習や練習試合を中心に活動していくことはあまりおすすめできません。

回り道になるかもしれませんが、基礎を固めることと、前回お話しした組織力をアップしていくことが夏大会の好結果につながると私は思います。

 

〇では、具体的な練習メニューは?

具体的な基礎練習のメニューはすでにいくつも提示していますが、特におすすめなメニューを守備面と打撃面、走塁面であげていきたいと思います。

 

守備面ではゴロ捕球が効率も良く、効果的です。

www.taguchizu.net

特に新チームでの試合はバントを処理できずに負けるケースが多いですから、バント対策もしておくと良いでしょう。

また、新チームになった段階で、もう一度キャッチボールも見直すといいと思います。

「キャッチボールは大事」と言う指導者は多いですが、具体的な取り組みまで落とし込めていないことが多いです。 

www.taguchizu.net

 

打撃面ではロングティーがおすすめです。

www.taguchizu.net

これを以前紹介した宮川理論と結び付けて行うのも良いと思います。

宮川理論は賛否あるようですが、バッティングの軌道を習得するには最適だと思います。

スイングの軌道を習得し、後は自分なりのスイングに落とし込んでいくのが一番です。

高校生くらいになって叩くバッティングを修正するのはかなり困難になります。

低学年時からレベルスイングを定着させたいですね。 

www.taguchizu.net

  

走塁面ではこの4ヶ所同時に行うベースランニングが効率も良く、応用も効きます。

www.taguchizu.net

初めはフライングスタートやディレードスチールではなく、普通に駆け抜けやオーバーラン、盗塁からのスライディング練習をメインにすると良いかもしれませんね。

 

以上のような練習がおすすめです。

こういった基礎練習を続けることは選手にとっては段々と大変なことになってきます。

地味な練習を反復することになるからです。

しかし、こうした地味な練習をしっかりと継続することのできるチームが強くなります。

選手も指導者も根気が必要になると思いますが、指導者が「継続させる工夫」をもって練習に臨みましょう。 

www.taguchizu.net

こちらの記事もぜひお読みください。  

絶対上達!  野球練習「走・攻・守」完全マニュアル (SPORTS LEVEL UP BOOK)

絶対上達! 野球練習「走・攻・守」完全マニュアル (SPORTS LEVEL UP BOOK)

 

 

〇効率も重視しよう!

いろんなチームの夏休みの練習を見ていて、よく感じるのが「効率が悪い」ことです。

もちろん、まだ基礎が身についていない時期ですから、一つ一つの練習を丁寧にやることは大事です。

しかし、その日の練習で完璧にしようと考えるのではなく、もう少し長い目で見てやらないとうまくいきません。

効率がすべて - 誰でもできるけど4%の人しかやっていない報われる行動 -

効率がすべて - 誰でもできるけど4%の人しかやっていない報われる行動 -

 

 

「効率が悪い」から間延びします。

間延びするから集中力が切れます。

集中力が切れるからケガも増えます。

特に新チームが発足する時期は暑いですから効率重視で練習メニューを組んで欲しいと思います。

アップに何十分もいりません。

短時間で効率の良い練習を組み合わせて行ってみてください。

効率については以前記事にしています。

こちらもぜひご覧ください。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net