読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

守備の基本を考え直しませんか?逆シングルだって基本の場合もある!

無理して正面で捕ってセーフ…

これでも基本と言えるでしょうか?

 

〇守備の基本って何だろう?

特にこの時期、新チームの練習試合を見ていて感じることがあります。

それは

「基本とは何か」ということです。

特に感じるのは守備の基本です。

 

私は守備において、たとえばサードがゴロを捕ってファーストに投げる動きを教える場合、少し右側から入って股を割り、腰を落として、真ん中より左足のよりの前で捕球しなさい、右手はグローブの上からかぶせなさい、そしてステップをして送球しなさいと教えます(実際には捕ってからのステップの仕方など、もっと丁寧に指導していますよ。)

 

打球の正面に入る。

しっかりと腰を落として、前で捕る。

右手をかぶせるように両手で捕る。

言葉で説明するのは難しいのですが、大体どこのチームもこのように指導しているのではないでしょうか。


ゴロ捕球から一塁送球【守備編】

↑こんな感じですよね。

 

先日見た練習試合も、一方のチームは愚直にこの捕球の仕方を繰り返していました。

左右の難しい打球も一生懸命正面に入ろうとする。

前進守備からのバックホームもしっかり腰を落として両手で捕る。

残念ながら、左右の打球は回り込めず弾いてしまい、バックホームは全てセーフになってしまっていました。

 

さて、果たしてこの動作は基本なのでしょうか?

高校球児に伝えたい!  プロでも間違う守備・走塁の基本

高校球児に伝えたい! プロでも間違う守備・走塁の基本

 

 

〇アウトに出来る動作が基本なのではないか?

確かに、正面の打球に対して余裕があってプレーができる場合はこの動作が基本かもしれません。

しかし、正面に入れない打球に対しては逆シングルのキャッチがあっても良いと思いますし、勝負をかけないと間に合わない前の打球に対しては片手でショーバンもしくはハーフバウンドで無理やり捕球する必要があると思います。

そうしなければアウトにすることはできません。

 

アウトにすることのできない動作を基本と言って良いのでしょうか?

正面に入れない打球に関しては逆シングルが基本。

待っていては間に合わない前の打球は片手ですくうことが基本。

アウトにできる動作を基本と言って良いのではないでしょうか?


守備編・逆シングル(バックハンド)の捕り方を覚えよう【仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本】

 

もちろん、正面に入ることができた打球に対して楽をしようとして逆シングルで捕ったり、余裕で間に合う打球を片手で雑にキャッチしたりすることは基本ではありませんから、そういった際には指導が必要になると思います。

しかし、「基本」をもう一度考え、アウトにできる動作を基本と考えていきませんか?

そうすれば、練習内容も変わってくるはずです。

逆シングルのゴロ捕球を繰り返す、ショートバウンドを前で片手キャッチする練習をする、そんなことが「基礎練習」になってくるでしょう。

桑田真澄の常識を疑え!  KUWATA METHOD―父と子に贈る9つの新・提言 !

桑田真澄の常識を疑え! KUWATA METHOD―父と子に贈る9つの新・提言 !

 

↑桑田氏も似たようなことをおっしゃっています。

 

守備の基礎練習シリーズはこちらです。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net