中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

0シームの握り、投げ方!手元で沈むゴロを打たせるボール!強打者にも有効!!

バッターの手元で沈む魔球!

0シームの投げ方はここで確認!

 

他の変化球についてはこちら。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

 

〇まずは4シームとは?

今回は私が得意とする球種で、簡単に投げることができて肩肘に負担の少ないちょっと握りの異なる2シーム、

通称0シームの紹介です。

中学生や高校生にもおすすめな球種になります。

見にくいですが、初めて写真をアップしてみました。

が、なぜか反転…。

おそろしいほどのパソコン音痴なので許してください。

次はちゃんとアップできるようがんばりますね。

では、まずは4シームの握りから見てみましょう。

4シームとはボールが一回転する間に縫い目が4つ見える、いわゆる普通のストレートのことです。

 

これが通常の4シームです。

f:id:taguchizu:20160903144348j:plain

まあ一般的なストレートなのですが、実はストレートは変化球よりも肩肘に負担がかかるというデータがあるそうです。

確かに私も投げていて一番負担を感じるのがストレートです。

カーブなんかはあまり負担を感じません。

ですから、試合では4シームの球数を減らしていきたいところです。

 

 

〇では0シームは?

そして、これが一般的によく見られる2シーム。

f:id:taguchizu:20160903144419j:plain

この握りの2シームだとけっこう腕を振らないと変化しませんし、あまり変化は大きくないので、人によっては通常の4シームと大差なくなってしまいます。

また、あまり変化しないので、変化させようと肘をひねって投げてしまい、シュートのようになるのはいいものの、ケガにつながってしまう場合もあるのであまりおすすめしません。

 

そこでおすすめなのが、下の握りの2シームです。

f:id:taguchizu:20160903144447j:plain

逆から見るとこんな感じです。

f:id:taguchizu:20160903144516j:plain

見て分かるように

どの指もボールの縫い目にかけないで投げるボールになります。

回転的には2シームの回転なのですが、どこの縫い目にもかけないことから0シームと呼ぶ人もいるようです。

2シームと区別するために、仮に0シームと呼ばせてもらいます(本来は回転軸に2本の縫い目ですから2シームですよ)。

この0シームはどこの縫い目にも指がかかっていないため、回転が非常に悪いです。

その結果、4シームとシンカーの間くらいの変化をします。

ポイントは全力で投げずに6割程度の力で投げることです。

はじめは4シームとフォームが異なってもかまいませんから、6割程度の力でキャッチボールのように投げてみてください。

コースもはじめは真ん中で構いません。

少し沈んで内野ゴロを打たせることができればよいわけですから。


1シームと2シームを比較

こちらは1シーム(一本の縫い目だけに指をかけるボール)の動画ですが、このような変化をします。

もう少し低めに投げると内野ゴロを量産できます。

ダルビッシュ有の変化球バイブル アンコール

ダルビッシュ有の変化球バイブル アンコール

 

 

〇0シームの利点は?

この0シームを投げれるようになると試合がかなり楽になります。

4シーム中心の投球になるとどうしても疲れますし、肩肘の負担も大きいです。

0シームはちょっと遅いストレートのように見えますから、カーブやスライダーよりもバッターが手を出してくれるようになります。

結果球数も減り、肩肘の負担も減ります。

練習すれば、低めに決め球のように投げることもできます。

私が大学生のときはど真ん中に投げても空振りするボールにすることができました。

バッターからすると変化が直前すぎて消えるよう見えたそうです。

そこまで求めるのは酷ですが、

まずは打たせて取るボールとして取り組んでみてください。

以上、肩肘に負担が少なく、打たせて取るのに最適な0シームについてでした。

ただし、結局どんな変化球もピッチングの基本ができていてこそですから、基本はしっかりと確認しましょう。

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net