中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

カーブを簡単に投げる方法!ケガの危険が無く、誰でも投げられます!

変化球の指導で困っていませんか?

簡単に投げられるカーブあります!

 

〇一般的なカーブの投げ方は?

以前中学生にも簡単に投げられて負担も少ない球種として0シームを紹介しました。 

www.taguchizu.net

今回は簡単に投げられるカーブを紹介したいと思います。

 

私はカーブが比較的得意なほうで、よくカウントを整えるボールとして使います。

今では得意球でストライク率もわりと高いほうなのですが、習得まではかなり時間がかかりました。

投げ方は割と一般的なカーブだと思うのですが、握りはこうです。

 f:id:taguchizu:20170109212350j:image

あまり中指は使いません。

 

そして、リリースの際に手の甲をホームベース方向へ向けるようにして抜きます。

f:id:taguchizu:20170109212816j:image

↑撮影者不在のため分かりにくくてすみません。

こうするとドローンとしたカーブを投げることができます。

 

このカーブはひねるわけではなく、ボールを抜いて投げるので肩肘の負担はほとんどありません。

しかし、このカーブはけっこうコツをつかむのが難しく、習得にも時間がかかります。

また、中学生にカーブやスライダーを投げさせようとすると、どうしてもひねって投げようとしてしまいますよね。

曲げよう、曲げようという気持ちがひねる行為につながってしまうのは誰でも経験があるのではないでしょうか?

しかも実際ひねることでかなり曲がるケースもあります。

試合でも通用してしまうことから無理にひねる投げ方を続けてしまい、結局故障してしまうというのはよくある話です。

 

 

〇ケガせずに誰でも簡単に投げられるカーブの紹介!

そこで、中学生でもひねらずに簡単に習得できるカーブの投げ方を紹介したいと思います。

下の写真をご覧ください。

f:id:taguchizu:20160907214218j:plain

見たことのない変な握りですよね。

これが今回紹介するカーブの握りです。

見て分かる通りボールの下側を持つような形になっているので、かなりボールが抜けやすいです。

そうです。

先に述べたようにカーブとは本来抜いて投げるものですが、抜いて投げる感覚をつかむのはなかなか難しいので、この握りはわざと抜けやすく握ることで、勝手にボールが抜けてくれるような握りなのです。

 

ではどうリリースするのか?

f:id:taguchizu:20160907220004j:plain

写真のようにこの握りのまま手首を固定ぎみに普通にリリースしてください。

ポイントはあんまり強く握らないことです。

初めはうまく抜けなかったり、逆に大きくすっぽ抜けたりすることがあるかもしれませんが、少し練習すると丁度よい抜け加減が分かってくると思います。

ブルペンよりも少し長めの距離でちょっと上に向かってリリースして練習すると感覚がつかみやすいです。

このカーブは習得が簡単な上に肩肘への負担がないので、安心して投げることができます。

私も普通のカーブを覚えるのに時間がかかったので、それまではこのカーブを投げていました。

こちらのカーブの方が打たれやすいということもありません。

また、投げ慣れてくるとボールを握る強さに強弱をつけるだけでスライダーぎみに投げることもできますし、スローカーブにもできます。

早ければ1日、遅い人でも1週間あれば習得できますのでぜひ取り組んでみてください。

 

変化球については手塚一志氏のDVDシリーズが評判がいいですね。

DVD付 切れ味バツグン!! 変化球習得メソッド

DVD付 切れ味バツグン!! 変化球習得メソッド

 

値段もお手頃で、本屋で簡単に手に入ります。

選手に見せるのもいいと思いますが、私はこのDVDの投げ方では曲がりませんでした汗。

ダルビッシュ有投手の変化球バイブルも有名ですね。

ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版

ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版

  • 作者: ダルビッシュ有,週刊ベースボール
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2014/03
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ただ、まず変化球がどうこうの前にピッチングの基本を指導することを忘れないようにお願いします。

ピッチング指導チェックリストはこちらから。

www.taguchizu.net

その他の変化球の投げ方はこちら。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net 

www.taguchizu.net