読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

野球少年を育てたいパパとママへのアドバイス2~学童期~

そろそろ本格的にチームに所属するころ!

でもまだまだ楽しくやりたいですね!

 

〇野球少年を育てたい!学童期はどんなチームに入れる? 

さっそく第二弾学童期です。

幼少期はこちらからどうぞ。

www.taguchizu.net

 

学童期、すなわち小学生のときはどうすれば野球小僧になってくれるのかお話ししたいと思います。

また、中学校教員の立場から、「これはできるようになっていてくれると中学校になって困らない」ということもお話ししたいと思います。

メジャー Perfect Song Collection

メジャー Perfect Song Collection

 

 

【学童期のポイント】

①軟式の野球チームがおすすめ。

②チームは何度も見に行き、「怒鳴らず、技術指導ができて、公平公正な」指導者のいるチームを選ぼう。

③毎日野球漬けではなく、いろいろなことを体験させよう。

④家での自主練習は強制ではなく、一緒に遊ぶような感覚で行おう。

⑤野球肩・野球肘・野球腰には細心の注意を払おう。

 

学童期になると本格的に野球チームに所属することになると思います。

ここでのチーム選びは本当に重要です。

 

下手したらここで野球人生が決まります!

 

幼少期、野球に興味を持たせることができていれば、「野球チームに入りたい」というところまではすんなり行くかもしれません。

しかし、小学生のときに野球チームに所属したからと言って、中学校でも続けてくれるかは分かりません。

それは、野球には指導者ライセンスなどというものは存在せず、希望しさえすれば野球チームの指導者になることは誰でも可能だからです。

つまり、ピンからキリまでの指導者がいることになります。

そこで、パパさんとママさんの目が重要になってきます。

入部する前に近くにあるチームをたくさん見ましょう。

くれぐれも「友達がいるから」とか「知り合いがやっているチームだから」で選んではいけません。

また、前年度の成績だけでも選んではいけません。

なぜかというと、少年野球は一人スーパーな選手が4番ピッチャーなだけである程度勝ち上がれることもあり、一度くらいなら運があれば良い成績を残せることがあるからです。

安定して良い成績を残しているのであれば良い指導者がいる確率が高いです。

MAJOR(メジャー)DVD付特別版 78 (少年サンデーコミックス)

MAJOR(メジャー)DVD付特別版 78 (少年サンデーコミックス)

 

 

〇どのような指導者を選んだら良いか?

では、どんな指導者を選んだら良いかというと、まず「怒鳴らない」指導者が良いと思います。

もちろん「叱る」指導者なら大丈夫ですが、理不尽に「怒鳴る」指導者のもとでは野球そのものを嫌いになってしまう可能性が出てきてしまいます。

野球小僧を育てるにあたって、それだけは避けたいです。

ですから、できれば指導者の方と直接お話しをして、ひととなりを見てからチームに入るといいと思います。

これは三つ目の「公平公正」の部分もそうですね。

下手したら、「目つきが気に入らない」とか「声が小さい」とかそういう理由でほとんど試合に出られないなんてことになります。

また、精神論・根性論ばかりの指導者もいます。

そうではなく、少しでも技術的なことを教えてくれる指導者が良いでしょう。

また、肩・肘を気遣ってくれる指導者であることも大切です

それらも練習を見ると分かると思います。

 

そして、軟式か硬式、どちらを選ぶかなのですが、

私は学童期では軟式野球をおすすめします

確かに高校野球で甲子園などと考えたときに硬式慣れはして欲しいところなのですが、小学生の小さな身体に硬球は少し無理があると私は思っています。

打球を怖がって変な癖がつく可能性もありますし、肩・肘・腰も痛めやすいです。

ですから軟式の少年野球チームを選ぶと良いでしょう。

 

また、この時期から英才教育といって野球漬けにしたくなりますが、この時期から野球漬けにすると逆に野球が嫌いになる子も出てきます。

また、前回お話ししたようにいろいろなスポーツを経験することで身体の使い方を覚えていきます。

野球しかやっていないと野球の練習でよく使う動きしかトレーニングできません。

これは中学生以降、本当に野球漬けになったときに取返しが効かなくなってきます。

逆説的ですが、野球小僧にしたければ、この時期はいろいろなスポーツにも挑戦させてみましょう。

休みの日にスキーに連れて行く、プールに行く、一緒にバドミントンをする、こんな時間を大切にすればいいと思います。

野球のアニメやマンガを一緒に見るのもいいかもしれませんね。 

www.taguchizu.net

 

このような形で学童期を終えたら、いよいよ中学生です。

www.taguchizu.net

 

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net