読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

ダルビッシュ投手から学ぶ成長の秘訣!圧倒的なインプット量とアウトプット量!!

トレ-ニング ケガ予防 栄養 野球界への提言 野球小僧育成 プロ野球

ダルビッシュ有投手から学ぶ野球上達法!

 

〇ダルビッシュ有×稲葉篤紀スペシャルインタビュー

すみません、動画がYouTube上から消えたため見ることができなくなってしまいました泣

以下、インタビューの内容は大体書いてあるので、推測してご覧ください汗。

 

 

いやあ、目から鱗というのはこのことをいうんでしょうね。

ダルビッシュ投手が稲葉氏からインタビューを受けた動画を紹介してもらい、見させていただきました。

それが上の動画なのですが、ダルビッシュ投手のすごさがこのインタビューから分かるのではないかと思います。

まずはぜひ見ていただきたいです。

ダルビッシュ有はどこから来たのか

ダルビッシュ有はどこから来たのか

 

 

〇良いと思ったことはとにかくインプットする!

19歳の時点で「このままじゃ1軍半とか2軍の選手になると思って」と述べています。

まだ19歳の選手です。

しかもこの日は打たれたと言っても、高卒2年目としては十分な成績を残しているわけですからね。

しかも、申し訳ありませんが、このわずか1年ちょっと前には喫煙で謹慎になっているような選手。

その選手が「このままじゃ1軍半とか2軍の選手になる」と冷静に自分を見つめ、「40歳でクビになった自分が戻ってきたらがんばるでしょ?」という思考に至る。

これは並の選手にはできることではありません。

これについてはダルビッシュ投手もツイッターで「よくそう思ったなと思います笑」と答えていますが。

そしてそこからの努力の方向性も素晴らしい。

サプリメント会社の人にパンフレットをもらっていろいろ教わったり、ありとあらゆる本を読み漁って、野球のみでなく、栄養や身体のことまで徹底的に勉強してトレーニングに励んでいます。

動画には脳に関する本まで出てきていますね。

そこまでできる選手はなかなかいません。

ツイッター上ではダルビッシュ投手に言い負かされた自称専門家がたくさん出てくるという現象も起こっています笑。


【20分超】 ダルビッシュの 『圧倒的感』 が半端ないピッチング!!

 

〇圧倒的なアウトプット量がさらなる向上を促す!

「後輩に伝えていかなければ、ただ野球だけの人で終わってしまう」

このような発言もダルビッシュ投手のすごいところだと思います。

先ほどあげた自身が努力をして培ったものを、彼は積極的に後輩に伝える努力をしています。

田中投手や大谷投手など彼に指導を受けてさらに伸びた選手は多いです。

この姿勢が彼の人間性のすばらしさ(正直20歳頃までの彼とは別人だと思います)を表していると同時に、この姿勢が彼の実力をさらに伸ばしていると思います。

ツイッターでの発信なども含め、

彼ほどアウトプットの多い選手は他にいるのでしょうか?

アウトプットすることで知識は整理され、さらに技術は高まります。

他の選手に良い影響があるだけではなく、自身の能力の向上にもつながっているのだと思います。

 

インタビューの最後に稲葉氏をトレーニングに誘っていますが、これはあながち冗談ではないと思います。

彼はおそらく自身のトレーニングをメディアに全て公開しても良いと思っているのではないでしょうか?

変化球の握りですら全て公開しているくらいですから。

ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版

ダルビッシュ有の変化球バイブル ハンディ版

  • 作者: ダルビッシュ有,週刊ベースボール
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2014/03
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
ダルビッシュ有の変化球バイブル アンコール

ダルビッシュ有の変化球バイブル アンコール

 

 

〇インプット→アウトプットでさらなる成長を目指そう!

ということで、ダルビッシュ投手はただやみくもにトレーニングをしてあれだけの選手になったわけではなく、多くの知識を身に着け、それを実行し、ときには指導することで大きな飛躍を遂げたことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

これは中学生だろうが高校生だろうが同じことが言えると思います(当然成長のスピードはダルビッシュ投手と異なりますが)。

まず自ら進んで学ぶこと。

そして実践し、ときには後輩やできない子に教えること。

部活動でもこうした手順で選手が成長できる環境を作ることができるといいですね。

 

まずはとにかくこの動画をご覧になってください。

そして、もし可能であれば選手にも見せてください。

そして、そののちにダルビッシュ投手と同じようにたくさんの知識を取捨選択し

「嘘をつかない練習」をしたいものですね。

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net