中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

日本ハム西川遥輝選手から学ぶ3塁打を打つ走塁テクニック!

2塁打のときと3塁打のときのベースランニングが違うってご存知でしたか?

 

〇日本ハムファイターズ西川選手が語る走塁論

すみません!動画が削除されてしまいました!!

次の項以降で詳しく解説しますので、そちらをご覧ください。

 

(以下、もともと書いていた記事です)

少し長い動画になりますが、こちらをご覧になると今回お話ししたいテクニックがそれだけで分かります。

実は私は常識だと思っていたもので、今まで特にお話ししてきていなかったのですが、こちらの動画がツイッター上で話題になっていまして、「西川選手すげー!」という流れになっていました。

私からすると、「あっ、知らない人も多いのか?」という感じだったもので、改めて紹介したいと思います。

今回は3塁打を打つ走塁テクニックです。

西川遥輝メッセージBOOK

西川遥輝メッセージBOOK

 

 

〇3塁打を打つときは1塁ベースまで膨らんではいけない!

動画の中で西川選手も話していますが、3塁打を打つ場合は1塁までのベースランニングで膨らんではいけません。

通常外野に打球が飛んだ場合はオーバーランをするので膨らんで走ると思うのですが、これだと、2塁までは最速で走ることができますが、3塁まで走る場合は最速にはなりません。

なぜなら、1塁手前で膨らみ、さらに2塁手前で膨らむベースランニングになってしまうからです。

しかし、西川選手が動画で話しているように、1塁までほぼ直線的に走ると、1塁ベースと2塁ベースの間で膨らむことになりますが、2塁ベースを回った後はほぼ真っすぐ3塁に走ることができるのでこちらの方が速く走ることができます。

 

〇でもどこで判断したらいいの?

そう、この走塁テクニックはどの時点で2塁打になるか3塁打になるかの判断をするかが非常に重要になってきます。

当たり前ですが、外野前ヒットは通常のオーバーランで構いません。

1塁へ直線的に走るのは左中間と右中間を真っ二つにしたときです。

左中間と右中間への打球は最悪でもスタンディングダブルは確定ですよね?

ですから、1塁まで直線的に走り、3塁へ行くつもりのベースランニングをして、行けない場合は2塁でストップとします。

この場合2塁に最速で走れてはいませんが、アウトになることはありません。

あとはライトのライン際の打球。

これはグラウンド、ライト・セカンドの肩、ランナーの足にも左右されますが、この場合も1塁まで直線的に走っても良いかもしれないケースです。

外野の真裏の打球は判断が難しいので、私は通常のオーバーランで指導しています。

また、外野が後逸した場合も結果的にそうなってしまっただけなので、通常のオーバーランからの走塁で仕方がありません。

 

以上、3塁打を打つ走塁テクニックでした。

ちなみに以前から何度も紹介していますが、「機動破壊」という書籍でもこちらのテクニックは紹介されています。

機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

 

走塁のレベルアップを図りたい方はぜひ読んでみてください。

 

関連記事はこちらです。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net