中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

体重移動の練習!ピッチングで必要な体重移動のコツを覚えよう!(ピッチングの基礎練習2)

ピッチングの基本として

体重移動がしっかりとできるようになろう!

 

〇体重移動がしっかりできないといいボールは投げられない!

前回の記事では下半身、特に股関節の使い方は非常に重要であるというお話しをしました。

私の見本にならない見本を掲載して申し訳なかったのですが、一応振り返ってみてください。

www.taguchizu.net

 

さて、今回も基礎練習ということで、今日は「体重移動」がしっかりとできるようになる練習を紹介します。

この体重移動なのですが、野手と違い、ピッチャーはステップ無しで投げなくてはいけません。

このステップが無いということで体重移動が非常に難しいのがピッチャーというポジションです。

野手出身の方はなかなか分からないかもしれないので、指導する前に実際にマウンドから投げてみてもらいたいのですが、ベストの体重移動に持ってくるためには、しっかりと鍛えた下半身と、繰り返しの練習が必要になります。

ピッチングメカニズムブック 理論編―ピッチングの仕組み

ピッチングメカニズムブック 理論編―ピッチングの仕組み

 

 

〇まずは軸足でしっかりと立つ!


エース級投手ピッチングフォーム(1/2スロー再生)

まずは軸足でしっかりと立つことです。

上の動画でも軸足でしっかりと立てているピッチャーと立てていないピッチャーがいますが、前田健太投手や斉藤和己投手なんかはしっかりと軸足で立てていますよね!

小学生や中学生の子だと、まずこの軸足でしっかりと立つということがなかなかできないんです。

軸足で立てないまま投げようとすると体重の乗ったボールを投げることができません。

そこで、まずは下半身を強化して欲しいのですが、その後は軸足に体重を乗せて投げる練習が必要になります。

はい、ではまたこちらの見本にならないおっさんの見本動画を見てください。

ブログ用

おっさんはおっさんなりに非常によくがんばったのですが、軸足フラフラですね。

ただ、どういう練習なのかは伝わると思います。

軸足に体重を乗せて5秒ほどキープした後に投げる練習です。

この動画では自撮りだし、友達もいないので実際にボールは投げていませんが、これをブルペン(なければ平地でも)で実際に投げて行ってみてください。

初めはフラフラしますが、慣れてくるとしっかりと軸足で立てるようになってくると思います。

前回やった股関節の動きもしっかりと意識しましょう。

ピッチングメカニズムブック 改善編―ドリル&トレーニング

ピッチングメカニズムブック 改善編―ドリル&トレーニング

 
UNIX(ユニックス) 野球 練習用品 スローイングピッチネット(一般大人用) SPG-1061

UNIX(ユニックス) 野球 練習用品 スローイングピッチネット(一般大人用) SPG-1061

 

 

〇フィニッシュは自由な足でしっかりと立てるように!

ということでおっさんは満身創痍なのですが、上記の練習とセットで行って欲しい練習があります。

それはフィニッシュの練習になります。

今度は自由な足が着地したところからスタートする練習です。

見本にならない満身創痍のおっさんの動画を見てみましょう。

ブログ用

もうおっさん疲労困憊ですが、許してあげてください。

こちらを見てもらえばかろうじて分かると思うのですが、後ろ、つまり軸足側にある体重を一気に自由な足に移動させる練習です。

これ見た目以上に相当きついです。

下半身がしっかりしていないと、この股関節を使った体重移動に耐えられません。

しっかりと軸足側に乗せた体重を「1・2・3」とバウンドするように使って一気に投げます。

このときに後ろ足の膝が内側を向きすぎると回転円が小さくなってパワーが十分に伝わりません。

ちょっと膝が外側を向くくらいの意識でやりましょう。

そして最後は自由な足でしっかりと立ってフィニッシュ!

…そう、私はできませんでした。

これも下半身がしっかりとしていないとできません。


【岸孝之、西武時代のピッチング集‼】 しなやかな腕の振りが気持ち良すぎ!カーブはマジで魔球!2008年の日本シリーズは最強だった!

岸投手。

うむ、しっかりと自由な足に体重を移動してフィニッシュしていますね。

こんな感じで私も見本を見せたかったです、すいません。

 

ただし、以前ピッチング指導チェックリストでもお話ししたのですが、このときにグローブ側に体重をかけて、倒れるようにフィニッシュするピッチングのテクニックもあります。


【MLB キンブレル】レッドソックス最強守護神へ!! 奪三振集!! 最高のストレート!!

キンブレル投手ですが、もう完全に身体を1塁側に倒していますよね。

これはターン&タンブルというテクニックです。

※名称はBPL理論の塚口氏による。

www.taguchizu.net

ということでフィニッシュはどちらでも自分にあったやり方で大丈夫です!

ただし、体重が乗らない=後ろや利き腕側に倒れるようだと良いボールを投げることは難しいので注意してください。

 

以上、2種類の体重移動の練習を紹介しました。

下半身、股関節を鍛える練習と並行して取り組んでみてください。

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net