読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

ワンバウンドティーバッティング(バッティングの基礎練習6)

バッティング 練習

普通のティーバッティングは意外と難易度が高い!?

軸足でためる動作を身につけられる、ワンバウンドティーバッティングをおすすめします!!

 

〇普通のティーバッティングは難しい?


坂本勇人選手 ティーバッティング

こちらの動画で坂本選手が取り組んでいるのがみなさんがイメージする普通のティーバティングではないでしょうか?

途中で立ち位置を変えて、インコースの練習やアウトコースの練習をしていますが、まあ普通のティーバッティングからの派生と捉えていいと思います。

こちらのティーバッティング、実は初心者やあまり上手ではない子にとっては少し難しい練習になっています。

タイミングが取れなくて投げ手の方に打球を飛ばしてしまう子を見たことがありませんか?

また、ある程度上手な子にとっても、注意してみるとボールに合わせて打っていて、軸足にしっかりとタメができていないことがあります。

さらに、打つ方のレベルも上がり、投げ手と息があってくると、バッターのタイミングに合わせて投げるようになっていきます。

坂本選手の動画は完全にそうです。

※ちなみにティーバッティングの投げ手は必ず立って投げましょう。座ってやると打ち損じたときに打球がちょうど顔面に来る高さになってしまいます。

 


野球 バッティング練習 トスマシン、専用ネット、穴あきボールで練習

また、最近は安価でこういったトスマシンも手に入るのですが、ちょっといつ来るのか分からないところが難点です。

この動画でもそうですが、タイミングを合わせるのが難しいので、上体主導のバッティングになってしまっています。

 

ということで、普通のトスによるティーバッティングやトスマシンによるティーバッティングは「タイミング」であったり、「軸足のタメ」であったりに課題のある練習だと言えます。

ある程度上手になるとそんなに気になりませんけれど、少年野球や初心者が入ってくるような公立中学野球部で教えている方には分かっていただけるのではないでしょうか…。

サクライ貿易(SAKURAI) 前からトスマシーン FTS-100

サクライ貿易(SAKURAI) 前からトスマシーン FTS-100

 

 

〇ワンバウンドティーバッティングがおすすめ!

そこでおすすめするのが内川選手や山田選手などのプロ野球選手も行っているワンバウンドティーバッティングがおすすめです。


横浜内川、驚きの練習法 - 6種類のティーバッティング

こちらの動画では内川選手が3番目に行っているワンバウンドのボールを打つティーバッティングになります。

杉村コーチはちょっと速いトスをしていますが、もう少し緩いボールでいいと思います。

この動画では小さな変化に瞬時に反応する練習として行われていますが、このティーバッティングはトスをしてからバウンドにタイミングを合わせて振ることができますから「タイミングを取る練習」「軸足にしっかりとタメて打つ練習」に最適なティーバッティングになります。

ですから初心者の子にも有効ですし、タメが作れない子や変化球対応が下手な子の矯正練習にもぴったりな練習になっています。

先述したトスマシンの場合はもう少しマシンの位置を下げてワンバウンドしたところで打てるように配置を変えると上体だけで打つということが無くなります。

ある程度上手になるまではこのワンバウンドティーバッティングでタイミングの取り方やタメの作り方を覚えていきましょう。

小さなネットに打つのではなく、テニスボールをフェンスに向かって打たせたり、ロングティーにしたりするとさらに自分のスイングができるようになるのでおすすめです。

 

以上、ワンバウンドティーバッティングでした。

ぜひ練習に取り入れてみてください!

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net