読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

ターンスチールで諦めずに先の塁を狙う!高度な走塁テクニック!

ランナーをやっていて、飛び出してしまうこと、ありますよね!

そんなときでも諦めずに先の塁を狙うテクニック「ターンスチール」を紹介します!

 

守備・走塁の科学 (洋泉社MOOK)

守備・走塁の科学 (洋泉社MOOK)

 

〇先の塁を狙う意識から飛び出してしまうこともある!


【MLB 神キャッチャー】凄すぎる牽制!捕手の洞察力・強肩が素晴らしい!

こちらはMLBの例です。

走塁が上手な選手でも、むしろ先の塁を狙う姿勢が強ければ強いほど飛び出してしまい、キャッチャーから牽制を受けてアウトになるなんてことがありますよね。

バッターがバントを空振りしたり、投球がワンバウンドしたりしたときなんかに飛び出しやすいです。

メジャーリーガーでも日本のプロ野球選手でもそういうことはあります。

中高生ならなおさらあるのではないかと思います。

正直、飛び出してしまったらキャッチャーがストライク牽制をすればほぼアウトになってしまいます。

そこで、今回は飛び出してしまったときの悪あがきとして「ターンスチール」というテクニックを紹介します。

www.taguchizu.net

↑こちらの記事でも本当に軽く紹介しています。

 

〇「ターンスチール」とは?

ターンスチールはランナーが飛び出してしまった際に、キャッチャーの送球モーションに合わせて、一瞬戻るフリをして、急回転をして先の塁に走るテクニックです。

 

たとえば、2塁ランナーであれば、キャッチャーは2塁に投げようとしますから、すぐさま2塁に戻るフリをして、急回転して3塁へ向かいます。

必ずセーフになるようなプレーではありません。

キャッチャーがすぐに気づいて偽投に切り替えられると普通にアウトになります。

しかし、どうせ戻ってもアウトなのですから試みる価値があるプレーになります。

特にランナー2塁の際は、キャッチャーが投げる距離が長くなるのでセーフになる可能性が高くなります。

 

よく審判をしていると、飛び出した先で止まってしまう選手が多いです。

結局、キャッチャーが近づいていき、ランダウンプレーになるのですが、他にランナーがいないのであれば、ランダウンプレーに持ち込むメリットはあまり無いと思います。

急いでバックしてセーフになる可能性にかけるか、ターンスチールで先の塁を狙うかのどちらかがおすすめです。

私は「アウトになるなら先の塁で」という考えをもっているので、ターンスチールをすすめています。

サインプレーでやるのもありだとは思いますが、リスクのあるプレーだということは忘れないでください。

私は緊急時用に練習しておくくらいが良いと思います。

練習方法はこちらをすすめています。

www.taguchizu.net

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net