読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

STYLISH BLACK(スタイリッシュブラック)が最高にかっこいい!スポーツゼビオ独占のスポーツブランド!

野球道具

STYLISH BLACK(スタイリッシュブラック)が機能が高くてデザインもかっこいい!

スポーツゼビオ独占のスポーツブランドに注目!

 

◯STYLISH BLACKとは?

私は近所にスポーツゼビオがあるので、よくそこに行きます。

そこで数年前から見慣れないスポーツブランドの商品を見かけるようになりました。

その名はSTYLISH BLACK。

名前からしてかっこいいのですが、デザインもすごくかっこいいコンプレッションウェアでした。

てっきりいろんなスポーツショップで扱っているブランドかと思ったのですが、他では見かけないので、聞いてみたところスポーツゼビオ独占のブランドなのだそうです。

スポーツゼビオグループにはXTSというプライベートブランドがありますが、それとは違って、将来的には独立し、いろんなスポーツショップでの展開を目指しているブランドなのだということです。

STYLISH BLACKのコンプレッションウェアはXTSに比べると高価です。

しかし、機能性はその分すばらしく、見た目もスタイリッシュの名前の通りスタイリッシュでかっこいいので人気が出たため、いろいろな商品がどんどん発売されるようになりました。

※XTSの記事はこちらです。

www.taguchizu.net

 

〇STYLISH BLACKのコンプレッションタイツが機能性抜群!

STYLISH BLACKと言えばコンプレッションタイツが有名です。

STYLISH BLACKのコンプレッションタイツは現在2モデル用意されています。

ssx.xebio-online.com

こちらのゼビオのネット販売のページが分かりやすいのですが「axis」「SPiDER」の2モデルがあります。

 

「axis」は瞬発系モデルとされていて、生地が「SPiDER」に比べると厚く、膝を中心に強い補正が入っています。

短距離走を繰り返す競技やジャンプをする競技などに向いているとゼビオの店員さんがおっしゃっていました。

こういった商品になります。

具体的にはバスケットやバレー、陸上短距離などの競技をする人や、膝が弱い人などにおすすめだそうです。

値段は9000円ほどなので、XTSよりも高く、CW-Xなどのブランドタイツよりは安いといった位置づけになります。

※CW-Xの記事はこちらです。

www.taguchizu.net

 

次に「SPiDER」ですが、こちらは持久系スポーツ向けの商品で、生地は「axis」よりも薄く、超軽量なのが特徴になっています。

おまけに「SPiDER」の名の通り、足全体を細かく補正するようにスパイダーラインと呼ばれるテーピング効果のある補正がかかっており、「圧倒的な衝撃吸収力」もウリにしています。

このため、疲れにくく、長い時間運動する競技にぴったりだそうです。

こちらは商品の種類が豊富で、8000円~12000円くらいの価格になっています。

野球経験者の店員さんによると、いろんな動きが長時間要求される野球選手にはこちらのSPiDERのほうがおすすめなのだそうです。

いつも欲しいと思いながら見てはいるものの、いまだに金銭面の問題で購入できていない私も今年は一着買おうと思っています。

実際触ると分かるのですが、SPiDERは本当に軽いです!

 

また、SPiDERシリーズはタイツ以外にも様々な商品があります。

こちらのカーフはふくらはぎの疲労感が全然違うとのことでした。

 

〇もちろんコンプレッションタイツ以外もおすすめ!

コンプレッションウェアから始まったSTYLISH BLACKですが、現在は様々な商品が発売されています。

こういったウェア。

 

こういったトレーニング用品。

 

あとはAmazonでは取り扱いが無いようなのですが、チタンネックレスやインソールなども扱っています。

それらの商品はスポーツゼビオもしくは以下のネット販売のページをご覧ください。

ssx.xebio-online.com

特にウェアはかっこいいので、現在購入を迷っているところです。

 

以上、注目のスポーツブランド「STYLISH BLACK」の紹介でした!

ぜひお近くのスポーツゼビオに行った際には注目して見てください。

※ゼビオの回し者ではありません笑。

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net