中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

セーフティバントを上手に決めるテクニック!特に左バッターは習得を目指そう!

セーフティバントは作戦としてかなり有効!

セーフティバントを上手に決めるテクニックを紹介します!  

バント完全マスター―究めれば大きな武器に!

バント完全マスター―究めれば大きな武器に!

 

 

〇セーフティバントの基本 

当ブログでも何度も紹介しているeラーニングベースボールにこんな記事がありました。

e-learningbaseball.com

セーフティバントの成功率を上げる3つのポイントが詳しくまとめられています。

・しっかりバントをしてから走ること
・転がしたいコースをイメージすること
・一度足を上げてからバントの構えをすること

バント練習 セーフティーバント 成功率を高める3つのポイント | 野球の練習・トレーニング -【eLB】eラーニングベースボール より

動画がかなり分かりやすいのでそちらを見ていただけたらと思います。

www.youtube.com

丁寧に説明してくださっていて分かりやすいですね。

これがセーフティバントの基本になるかと思います。

 

しかし、バントの基本としてすごく勉強になるとは思うのですが、個人的にはちょっと付け足したいことがあります。

このセーフティバントのやり方は、「バントをしてから走る」ということで、どちらかというと、ランナーがいるときの初球などに「あわよくば自分も生きる」つもりでやるセーフティぎみの送りバントだと思います。

また、右バッターの場合も走りながらやるとボールに向かっていく形になってしまい、速いボールを決めることは困難なので、このやり方でいいと思います。

しかし、せっかく左バッターで、ランナーがいないときに行うセーフティバントなのであれば、もう少しスタートを速くして、セーフになる可能性を上げて欲しいです。 

落合博満 アドバイス――指導者に明かす野球の本質

落合博満 アドバイス――指導者に明かす野球の本質

 

  

〇左バッターにおすすめの走りながら行うセーフティバント!


【セーフティバント集‼】バントも走塁も絶妙すぎで神業レベル!

右バッターの場合、ほとんどの選手が先の動画で説明されているようなやり方をしていますよね。

しかし、全員ではないのですが左バッターの場合、走りながらバットをベース上に置いていくような形でバントをしている選手もいるのに気が付くでしょうか?

左バッターの場合、ボールから離れていく形でバントすることになるので、スタートを切ってバットを右手一本で置いていくような形のセーフティバントを行っても危険は少ないです。

 


ソフトボールの技、スラップのバントとプッシュスラップです。

ソフトボールではスラップと呼ばれる走り打ちがテクニックとしてありますが(軟式野球でも取り入れているチームもあります)、上の動画のスラップバントのように、ちょっとだけスタートを切りながら行うセーフティバントを私はおすすめしています。

特に0ストライクで行う場合はファールで構わないので極端にライン際を狙ってやると、フェアでもファールでも相手は相当に嫌なものです。

注意点としては完全に1塁方向へ走りながらバントをすると、ボールからどんどん目が離れていってしまい、失敗しやすいので、ピッチャー方向にスタートを切り、そこから1塁方向へ曲がっていくといいと思います。

 

また、スラップバントのふりだけで、バットを引いて1塁方向へ2・3歩走っていく偽装セーフティバントもおすすめです。

かなりハイレベルのピッチャーからこのやり方で決めることは難しいですが、そうでない場合はかなりセーフになる可能性が高いので、ぜひ試してみてください。

ただし、相当な練習は必要になります。

あくまでも応用ということですね。 

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

バント練習については上の記事をご覧ください。

 

関連記事です。 

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net