中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報も掲載していきます。宮川理論の公認指導員です。

スポンサーリンク

『女子プロ野球ライブTV』の配信が決定!月1280円って高くないですか…。

個人的にはけっこうガッカリな内容…。

女子プロ野球を家で観戦するには独自映像配信チャンネル『女子プロ野球ライブTV』を契約しなくてはいけなくなりました。

 

〇『女子プロ野球ライブTV』の配信が決まりました!

当ブログでは以前から女子プロ野球に注目しています。

野球人口の減少が話題となっている現在、女子野球を広めることは野球界の裾野を広げる上で非常に重要なことだと感じているからです。

www.taguchizu.net

こちらは2018年開幕特集記事です。

2018年はなんと豪華にナゴヤドームでの開幕。

年間を通じて戦うヴィクトリアシリーズに参加する3球団の紹介記事はこちらです。 

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

 

これらの記事の中でも触れましたが、実は2018年の女子プロ野球をTVやスマホ等で視聴する方法が未定となっていました。 

2017年は『スポナビライブ』で見ることができたのですが、スポナビライブはDAZNに吸収されるような形で配信を終えてしまいました。 

www.taguchizu.net

 

そのため、2018年の女子プロ野球を見る方法が未定となってしまっていました。

しかし、3月18日になってようやく配信方法が発表。

DAZNでの配信、もしくはソフトバンクがスポナビライブに代わる新しい動画配信サイトを立ち上げ、そこで配信するどちらかを期待していた私からすると少し残念な発表でした。

www.jwbl.jp

詳しくはこちらを見て欲しいのですが、『女子プロ野球ライブTV』という独自の映像配信チャンネルがスタートすることになりました要するに、女子プロ野球しか視聴できないんですよね…。

おまけに契約料は月1280円。

これは申し訳ないですが、高い。

プロ野球巨人戦以外のほぼ全試合+MLB+いろいろなスポーツが視聴できて1750円のDAZNに対して、女子プロ野球単体で1280円。

DAZNはドコモユーザーであれば980円ですし、どう考えてもDAZNがお得に感じます。

今年こそは女子プロ野球を家で見たいと思っていた私もちょっと今すぐ契約する決断はできません…。

 

一応、『女子プロ野球ライブTV』の概要を引用してみます。

■『女子プロ野球ライブTV』概要
配信開始:2018年3月21日(水・祝日) 2018シーズン開幕戦より配信
配信試合:ヴィクトリアシリーズ全試合・ティアラカップ全試合
日本シリーズ女王決定戦・ジャパンカップ出場決定戦・ジャパンカップ全試合
配信内容:
①リアルタイムでのライブ配信
②試合後、約1週間以内の見逃し再生
③BSO等表示付
④実況・解説付き
対応:スマホ・パソコン・タブレット
視聴料金:月額1,280円の見放題パック/1DAYチケット500円
※3月21日~4月20日迄は無料サービス配信
※有料登録は4月17日~可能
う~ん、全試合見ることができるとは言え、そもそも試合数が少ないですし、配信内容もしょぼい気がします…。
今シーズンの試合日程を見てみると月間9~11試合程度です。
たったそれだけの試合数で月1280円というのはなかなかに敷居が高いですね…。
個人的にはすごく残念なのですが、1ヶ月間は無料サービス配信のようなので、それだけでも登録してみようかなと思っているところです。
みなさんに女子プロ野球の輪が広がればいいなと思っていただけに少し残念ですが、これからもブログを通じて女子プロ野球の宣伝をしていきたいと思います。 
女子プロ野球Walker 2017 ウォーカームック

女子プロ野球Walker 2017 ウォーカームック

 

 

関連記事です。