読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

野球部の教科書3 家庭

部活動のときだけしっかりとやるのではなく、

日常生活がしっかりとできなくては意味がありません。

 

前回まではこちら。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

(家庭)

 家庭でのことは野球部と関わりがないと思う人も多いかと思いますが、「全てのことは野球に通じ」ています。特に○○中学校野球部では家庭>学校生活>部活動の順番を重んじていますから、家庭での生活についても今一度考えてみましょう。家庭の中でも活躍できる人を目指しましょう。

 

1、団らん

①笑顔で生活しよう。

…みなさん中学生は思春期に入るころで、おうちの人との関わりもなかなか素直になれないことが多くなってくるでしょう。しかし、「おうちの人たちはいつも君たちのことを温かく見守っている」ということを忘れないでください。時には口うるさく注意されたり、怒られたりするかもしれません。それは君たちのことを思っているからだということを覚えていてくださいね。そのことを踏まえて、おうちでは感謝の気持ちをもち、毎日笑顔で生活できるといいですね。みなさんが笑顔でいることが、おうちの人にとっては一番うれしいことです。

 

②学校であったことや感じたことを話そう。

…どんなことでも構いません。学校であったことや感じたことをおうちの人に話す癖をつけましょう。家庭>学校生活>部活動なわけですから、おうちの人に報告することは君たちの大切な仕事になります。おうちの人はみなさんの学校での様子をいつも気にかけています。また、日頃からそういったコミュニケーションをとっておくことは君たち自身の心の健康のためにもなります。

イラスト版子どものアンガーマネジメント : 怒りをコントロールする43のスキル

イラスト版子どものアンガーマネジメント : 怒りをコントロールする43のスキル

  • 作者: 篠真希,長縄史子,日本アンガーマネジメント協会
  • 出版社/メーカー: 合同出版
  • 発売日: 2015/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

2、家庭の中の役割

①できることは自分でやろう。

…みなさんはもう小学生ではありません。これからは自分でできることは自分でやるとともに、自分でできることを増やしていかなくてはいけません。いまだにおうちの人に起こしてもらったり、教科書の準備をしてもらったりしていませんか? はじめはうまくいかないこともあるかもしれませんが、自分でできそうなことにはどんどん挑戦していきましょう。

 

②お手伝いをして家族に貢献しよう。

…みなさん何かお手伝いをしていますか? もう中学生なのだから、できることはどんどん手伝って家族に貢献しましょう。掃除、皿洗い、配膳、洗濯などなどみなさんでもできそうなことはたくさんありますよ。ちなみに先生は中学生のときに皿洗いやお風呂掃除をやっていました。一人暮らしになったときに困らなかったので、人間形成の観点からもお手伝いはがんばったほうがいいですよ。

新 13歳のハローワーク

新 13歳のハローワーク

 

 

 

3、体調管理

①規則正しい生活を送ろう。

…みなさんは成長期ですから特に規則正しい生活を送ることが重要になります。規則正しい生活を送ることは心身の健康につながります。また、身体の成長をうながすことにもなります。できれば成長ホルモンが多く出る22時には就寝し、8時間は睡眠を取りたいところです。遅くまでテレビを見たり、パソコンをしたりすることは体調不良の原因になります。体調管理も「自分でできること」、「野球部員としてやらなくてはいけないこと」です。

 

 

4、自主練習

①やることをやれたら自主練習をしよう。

…家庭でやらなければいけないこと、宿題などの学校に関わることでやらなくてはいけないこと、それらを全て終えたら自主練習に取り組みましょう。ただし、体調管理も家庭でやる大切なことなので、疲れがたまっているときや具合が悪いときは無理してやる必要はありません。「自主練習をがんばったから宿題ができなかった」「自主練習をがんばったせいで風邪をひいた」これでは本末転倒ですよね。家庭>学校生活>部活動を理解した上で、うまくなるために自主練習を行えるようにしましょう。自主練習の内容については自主練習マニュアルを参考にしてください。

www.taguchizu.net

 

以上です。

PDF版はこちらです。

www.dropbox.com

 

次回は学校生活編になります。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net