中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報も掲載していきます。宮川理論の元公認指導員です。

部活動保護者会資料【野球部】

野球部の保護者会資料をまとめました!

参考になれば幸いです!!

 

〇保護者会で部の方針を語ることが重要!

どこの部活動、どこのクラブチームでも保護者会を定期的に行っているのではないかと思います。

私の学校では年度当初に一度、全ての部活動で保護者会を行い、そこで「部の方針」や「年間活動計画」「会計報告」などを行っていました。

それ以外にも必要に応じて行ってはいましたが、この年度当初の保護者会はとても大切だと考えています。

ここで「部の方針」をどのくらいしっかりと伝えられるかで、保護者の方との信頼が築けるかどうかに関わってくるからです。

私は、部活動はその先生の行える範囲の中で行うものだと提言してきました。

たとえば「家庭の都合で毎日17時までしか行えない」「週に3日しか活動できない」これは仕方がないと思っています。

 

しかし、それをしっかりと説明しないと、後々トラブルになる可能性が非常に高くなります。

この初めの保護者会で丁寧に、そして真摯に部活動の方針を語ることが重要になってくると思います。

 

〇保護者会資料に悩む方へ

ということで、少しでもお役に立てればと思いまして、部活動保護者会資料を掲載いたします。

野球部設定で書いていますが、アレンジしてその他の部に使うこともできると思います。

私はB4裏表印刷で配布していますが、この他に会計報告を出しています。

 

また、保護者会では入部している生徒の保護者の方に資料を配布しますが、私は仮入部に来てくれた生徒の保護者の方にも事前に資料を配布しています。

似ているのですが、こちらも参考になれば幸いです。 

www.taguchizu.net

 

 

〇部活動保護者会資料!

保護者の皆様一年間よろしくお願いいたします。

H2.〇.〇

〇〇中学校野球部保護者会資料

〇〇中学校野球部顧問

 

1、目標と目的

目標は都大会 目的は人間形成

 〇〇中学校野球部には目標、目的があります。目標はもちろん都大会に出場、さらには関東大会や全国大会出場を目指し、一つでも多く勝つことです。好きな野球ができればそれでいいという考えもあるかもしれませんが、勝利を目指して取り組むことで成長することも数多くあります。

 しかし、「勝つことが全て」、「勝てば何をしても許される」これはまた違います。野球部が部活動として存在する目的は「人間形成」です。勝つためだけに野球をしているわけではなく、「野球を通じて人間的に成長すること」が目的です。このことは野球部の活動全ての根底となります。部活動を通じて、野球の技術だけではなく、礼儀、生活のマナー、粘り強さなどたくさんのことを学んでいきます。

 また、野球だけではなく、家庭生活、学校生活、地域での活動、全てを大切にできる人間が社会に出て通用する人です。〇〇中学校野球部では家庭>学校生活>部活動の順番を守って活動してもらいます。家庭では家族の一員としてお手伝いをがんばったり、規則正しい生活をこころがけたりとできることがたくさんあります。学校生活では授業を真剣に受ける、委員会活動をがんばる、掃除を一生懸命にやる、など他の生徒の模範となれるように生活して欲しいと思います。野球技術も当然上達して欲しいと思っていますが、「社会人として通用する人材の育成」も目指します。

 

2、活動スローガン

〇〇中野球部のスローガンは「〇〇」です。このスローガンには~~~という願いが込められています。そうした取り組を通じ、将来的には夢を実現して欲しいと願っています。

※ぜひ自分のチームなりの活動スローガンを考えてみてください。 

 

3、顧問の紹介

 

※ここは自分なりの自己紹介を書いてみてください。

 

 

4、部員の条件

 ①上記の目標、目的を理解して入部を希望する生徒

 ②野球が好きで、毎日一生懸命に野球をがんばりたいという生徒

 ③後述する野球部のルールを守る意思がある生徒

 以上の3点が入部の条件となります。

 

5、購入をお願いするもの 

 ①練習着白上下及び紺のアンダーシャツ、白ソックス ※各自で購入お願いします

 ②試合用ユニフォーム上、ストッキング、セカンドユニフォーム ※学校を通じて購入します

 ③グラブ(黒、茶、黄、オレンジのみ。ツートンカラーは不可)、黒スパイク(ポイントスパイク可)、トレーニングシューズ(ランニングシューズでもかまいませんが、耐久性は野球のトレーニングシューズの方が優れています) ※各自で購入していただきます

 ④校名入りバック リュックタイプ ※学校を通じて購入します

 ⑤フリースジャケット ※秋ごろに学校を通じて購入します

①の練習着の上に関しては市販のベースボールTシャツでも構いません。申込用紙に練習着上下がありますが、量販店で買っていただいても構いません。

②については公式戦で必要になるので必ず購入をお願いします。セカンドユニフォーム(校名入りベースボールTシャツ)は練習試合で使用します。

③のうち、スパイクは申込書にありますが、量販店で購入していただいてもちろんけっこうです。もちろんこれまで使用していた物があれば新たに購入する必要はありません。

④は可能であれば、野球部で統一したものを使用してもらいたいと考えています。

⑤の上着については秋ごろに学校名入りの物の購入希望を取りますが、それ以外の物を着用していただいても構いません。ただし、その際、スポーツをするにふさわしくないような物の着用はご遠慮ください。

部費は昨年までは年〇〇円いただいていました。今年度も保護者会で承認いただければ同額いただきたいと考えています。また、部費から一部三年生を送る会の記念品等に充当させていただいています。

※私は仮入部の生徒に先に伝えるようにしています。入部した後に部費が高額だったり、すでに購入してしまった物を部で強制購入させられたりするトラブルを防ぐためです。

 

6、野球部のルール

 ①遅刻、無断欠席は厳禁です(事情のある欠席は事前に伝えてください)。平日練習の際は本人が顧問に連絡してください。学校欠席や体調不良での早退の際はもちろん連絡する必要はありません。休日練習の際には集合時間前に顧問まで連絡(電話連絡の練習として、できる限り本人に連絡させてください)をお願いします。

 ②坊主の強制はしませんので、スポーツをするのにふさわしい髪型でお願いします。

 ③学校生活をおろそかにしている場合は、活動に参加できません。宿題未提出者は宿題をグラウンドでやり、提出してから参加してもらいます。

 ④仲間を大事にできない選手は活動に参加できません。ひどい場合は退部してもらいます。

 ⑤引退はありますが、卒業するまで野球部員です。卒業するまで野球部の看板を背負い、学校生活をがんばってもらいます。引退後も指導は継続します。

 

7、具体的な指導方針

 ※こんな部活動見たこと聞いたことありませんか?

・部活動のときだけ元気があって礼儀正しい。  ・家庭や地域だと挨拶ができない。

・顧問の先生と他の先生とで態度が違う。 ・練習で疲れているからと家ではだらしない。  

・お家の人からは何をしてもらっても当たり前。

・テストの点が悪いのは部活をがんばっているからという言い訳。  などなど

 以上のような野球部にしないために…

①家庭生活→学校生活→部活の順番を徹底します。

②心の指導を重んじます。

③徹底的に生徒と向き合って指導します。

④個別面談・個別指導を定期的に行い、前向きに部活動に取り組めるようにします。

⑤それらをしっかりと指導した上で、「野球が、部活動が楽しくて楽しくて仕方がない!」という野球部を作ります。

※また、その他、中学で野球をやめてしまうような指導はしません。野球は生涯スポーツです。高校や大学、大人になってからも職業や趣味として続けられるような指導を心がけます。

 

8、具体的な練習計画

 

放課後

(×)

○ジャージ

×

○ジャージ

 

練習試合か練習

(×)

 以上のような予定で一年間やっていきたいと思います。文部科学省から出ている「部活動ガイドライン」を守る形で活動をしていきます。水曜日はOFFとし、選手の健康やモチベーションに配慮します。基本的には週末どちらかは練習試合や公式戦が入ります。公式戦の関係で週末土日ともに活動し、疲れが残っている場合は月曜日をOFFとすします。その他にも選手の疲れ具合を見て、OFF日や早く練習を終了する日を設定します。休日の活動はお昼ご飯と補食が必要となりますがよろしくお願いいたします。遠征費がかかることもありますがご了承ください。

 

9、クラブチームとの兼ね合いについて

 クラブチームとの掛け持ちも認めています。しかし、両方の活動に中途半端になってしまうことは避けたいと考えていますので、野球部とクラブチームどちらがメインの活動になるのか保護者の方、クラブチームの方と相談の上で入部するようにしてください。また、こちらが掛け持ち入部OKでも、クラブチーム側が難色を示すこともあります。十分にご相談の上、入部するようにしてください。

 

10、その他の確認事項

・連絡網に関して、電話連絡網は作成せず、顧問からの連絡はメール連絡網を利用します。入部後にメーリングリストに入っていただきますのでよろしくお願いします。

・遠征中止の連絡は集合時間の1時間前に行います。先のメール連絡網を利用します。

・学校全体、中体連全体での確認事項なので、遠征へのスマートフォン等の携帯を禁止します。その他不要物のルールも同様です。ただし、代表生徒1名にスマートフォンの持参をお願いすることはあります。

・〇〇中学校野球部では家庭生活、学校生活を重視しています。委員会、法事、漢字検定、英語検定などの事情で部活動を欠席、遅刻などしたからと言って試合に出さないなどということはありません。むしろ積極的にそういった活動をがんばれる人になってください。ただし、通院や塾などに関して、日程が部活動と被らないように努力はお願い致します。

・保護者の方の練習や練習試合の見学大歓迎しております。強制ではありませんし、事前の連絡も不要です。お気軽に見に来ていただければと思います。顧問への差し入れ等は不要ですのでご遠慮ください。

 

 

以上、部活動保護者会資料でした。

年度当初に部活動の活動内容や方針をしっかりと示すことで、トラブルはある程度防ぐことができます(もちろん、示した方針と異なる指導をしたらそれはうまくいきませんが)。

ということは、年度当初の部活動保護者会は一年間の部活動経営を占う上で、保護者の方に信頼していただくために非常に重要な会ということになります。

資料ができていればそれだけでうまくいくわけではありませんが、保護者の方にしっかりと伝わる資料を用意することが大切だと思います。

参考になれば幸いです。

 

関連記事です。 

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net  

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net