読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

「原点」の重要性!ピッチャーは困ったら「原点」=外角低め!!

強打者と対戦するとき、

何を投げても打たれそう、

そんなときのピッチャーの「原点」とは!?

 

〇ピッチャーは困ったらどこに投げたらいいのか?

野球指導者の方々はバッテリーに配球の指導もしていることと思います。

中学野球からは変化球が解禁になるので、

・どの球種を選択するか?

・どのコースを選ぶか?

が大事になってきますが、野手出身の方なんかは特に配球の指導に悩まれることと思います。

以前配球については記事をまとめてあるのでご覧ください。

www.taguchizu.net

最高の配球としてはバッターが打てない配球なのですが、そもそもピッチャーがそこに投げることができなければ意味はありません。

ピッチャーが投げやすい配球を意識しましょうという内容でした。

 

しかし、どれだけ一生懸命に配球について考えても、強打者と対戦していく中で

「何を投げても打たれるかもしれない」

と感じるケースがありますよね。

そんなときにどこに投げたらいいのか?

 

それはピッチャーの「原点」だと思います。

野村ノート (小学館文庫)

野村ノート (小学館文庫)

 

「原点」とは、「外角低めのストレート」のことで、野村克也氏が提唱しています。

「ピッチャーの基本は外角低めのストレートである」ということですね。

「原点」とは、基本であり、生命線であると野村氏は述べています。

ただ、残念なことに野村氏の本を読みすぎて、どの本で原点について詳しく触れていたか覚えていません汗。

大体どの本でも触れてはいるのですが、とりあえず有名な「野村ノート」を紹介しておきます。

www.taguchizu.net

 

〇なぜ「原点」が大事なのか?

まずこの「原点」にしっかりと投げることができるようにならないと試合では使い物にならないと野村氏は考えています。

なぜ外角低めなのか?

これはちょっと考えると分かるのですが、バッターから一番遠く、長打を浴びる可能性が一番少ないコースだからです。

 

ここでプロ野球のホームラン集を見てみましょう。


球界を代表するパワーヒッター達の特大ホームラン集

どうでしょう?

外角低めにズバっと決まるようなボールをホームランにできていますか?

キャッチャーが外角低めに構えてはいても、甘く入ったボールを打っていると思いませんか?

外角低めに完璧に決まったボールをヒットに出来ることはあると思います。

しかし、外角低めに完璧に決まったボールをホームランにすることはかなり難しいと言えます。

 

では、プロ野球のピッチャーの「原点」を見てみましょう。


【鳥肌注意】見ていて爽快!見逃し三振集!!

外角低めのストレートだけの動画はなかったので、他のコースもありますが、「原点」のすごさが分かるのではないでしょうか?

この原点のボールを長打にできそうですか?

難しいですよね。

クオリティピッチング

クオリティピッチング

 

 

〇まとめ

ということで、まとめます。

・バッターが一番長打を打ちにくいのは「原点」

・したがって配球で困ったら「原点」

・ピッチャーは「原点」に投げるコントロールを身につけなければいけない

ということになります。

 

そもそも、100kmの緩いボールを正確に外角低めいっぱいに10球投げてもらって、1球でもホームランにできるバッターがプロ野球に何人いるのか?

ほとんどいないと思いますよ。

困ったら「原点」。

中学生・高校生レベルであればなおさらです。

この原点をしっかり投げることができないのに、インコースの重要性を語る指導者が多いですが、まずは「原点」です。

ピッチャーはこの「原点」を大切にし、練習に取り組んでいきましょう。

 

【追記】

複合バットの品質の向上により、中学軟式に限っては原点が通用しない現象が起こってきています。

www.taguchizu.net

こちらの記事で詳しく述べていますのでぜひお読みください。

 

関連記事です!

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net