読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

ZETT社のバット紹介!一番人気はブラックキャノンZ!(2017年版)

飛ぶバットはビヨンドマックスだけじゃない!

ZETTの複合バットはブラックキャノン!!

2017年は新作のブラックキャノンZが新発売!!

 

〇ZETT社に直接問い合わせてバットの特徴を聞いてみました!

以前ビヨンドマックス特集をしました。

www.taguchizu.net

スポーツショップの人によると今一番売れている複合バットはビヨンドマックスだそうですが、他のメーカーだって負けずにいいバットを作っているはず!

私は長年ビヨンドマックスキングを草野球で愛用しているので、他のメーカーのバットはそんなに詳しくないので調べてみることにしました。

どのメーカーのバットも名前を聞いたことはあったものの、試打したことのあるバットはあまり多くなく、ホームページとカタログだけではイマイチよく分かりませんでした。

そこで、各メーカーに電話で直撃取材!

「ぶっちゃけ貴社のバットはどうなんですか?

どのバットが一番おすすめなんですか!?」

と担当者が困るくらい粘着して聞いてみました!

今回は一番最初に問い合わせたZETT社の記事になります。

 

〇飛距離ではビヨンドに負けないブラックキャノン!

まず最初に取り上げなければいけないバットはこちらになるでしょう。

ZETTの複合バットと言えばブラックキャノンです。

ZETTの方もおっしゃっていましたが、最近かなり売れているバットなので見たことがあるのではないでしょうか?

こちらがZETTのバットの中でビヨンドシリーズの対抗馬となります。

ビヨンドと違い、ゴムゴム感は無く、一見普通のカーボンバットですが、打撃部分がカーボンの三重構造になっていて「トランポリン効果」が起こるらしいです。

高反発とトランポリン効果のおかげで手がしびれず、フルスイングできて飛距離が出る仕組みというわけです。

私が打った感想はビヨンドよりも普通のバットに近い打感で、ビヨンドで打ったときのあの「ボヨン!」感が嫌だという人は好きなんじゃないかと思います。

飛距離的にはZETTの方も濁していましたが、おそらくビヨンドのメガキング2なんかには及ばないと思います。

しかし、ブラックキャノンのすばらしいところはいろんなバッターに対応した豊富なモデルがあるところです。

以前ビヨンド特集でも「83cmのミドルバランスがおすすめ」と言ったもののなかなか当てはまる物が無くて困ったのですが、ブラックキャノンは違います!

2017年のブラックキャノンは全7種類あり、長さは82~85cm、重さも640~750g、トップバランスとミドルバランスが用意されている、と本当に選び放題です。

これなら自分の体格やパワーに合わせてバットを選ぶことができますね。

ちなみに私が試打した動画はこちらです。

ブラックキャノン

 

〇ブラックキャノンZが登場!

そして、2017年1月に新発売するのが、さらにパワーアップしたブラックキャノンZです!


ZETT ブラックキャノンZ【一般軟式/少年軟式FRP(カーボン)製バット】

こちらが目玉商品!

なんとお値段38000円(税抜き)です!

まずは動画をごらんください。

これはブラックキャノンの特徴である打撃部分の三層構造にプラスして、グリップから打撃部分までのカーボン素材を従来品よりも強化。

強化したことによって、「逆しなり」を抑え、さらなる飛距離を実現したそうです。

「逆しなり」ってのは打撃部分がしなるのを邪魔する動きになるので、それが無いほうが打球は飛ぶようです。

とにかく、さらに進化して飛距離もアピールし始めましたね。

ラインナップは全てトップバランスですが、83~85cmまで揃っています。

これはけっこう気になりますね。

www.taguchizu.net

 

すでに発売しています。

ぜひお店で手に取って見てください!

 

2018年度からは軟式球が新しくなりますが、こちらのブラックキャノンZはウレタン素材では無く、カーボン素材ですから影響は少ないと思われます。

新軟式球になったとしても飛ぶバットとして通用する可能性は高いと私は考えています。

 

〇でもZETTと言えば金属バット!?

そうなんです。

ブラックキャノンもいいバットなのですが、やはりZETTと言えば金属バットの質が高いイメージがありますよね。

連盟によっては複合バットが禁止されているところもありますし、金属バットの方が好きという人も多いでしょうから、金属バットも紹介したいと思います。

私も高校生まではZETTの金属バット派で、GODAを愛用していました。

ZETTの方も金属バットを語るときのほうが生き生きしていました笑。

ZETT(ゼット) 軟式アルミバットGODA-VL83cm690g平均モデル BAT37513
 

ZETTといえば金属バットだと私は勝手に思っていました。

しかし、驚いたことに、

2017年モデルのZETTの金属バットは2種類しかありません!

 

なんと軽量が売りのウイニングロードと定番のGODA-DLの2モデルだけになってしまいました。

ZETT(ゼット) 野球 軟式 金属 バット ウイニングロード BAT36784 ゴールド 84cm

ZETT(ゼット) 野球 軟式 金属 バット ウイニングロード BAT36784 ゴールド 84cm

 

こちらが540g~560gという軽量のウイニングロード。

asicsのスーパーライテッザやミズノのスカイウォーリアの対抗バットになります。

 

ZETT(ゼット) 野球 軟式 金属 バット ゴーダDL BAT37784 ブラック 84cm

ZETT(ゼット) 野球 軟式 金属 バット ゴーダDL BAT37784 ブラック 84cm

 

そしてこちらがおなじみのGODAシリーズ。

こちらは700g前後あります。

 

残念ながら上記2種類のみの販売になってしまったのです。

asicsも2モデルだけになりましたから、いかに金属バットが受難の時代かが分かりますね…。

少し残念です。

 

以上、ZETT社のバット紹介2017年版でした。

私自身も問い合わせてみて非常に勉強になりました。

 

関連記事はこちらです。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net