中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

ケガを防ぐために2塁への帰塁は足からのスライディングをしよう!!

2塁へのヘッドスライディングは危険!

2塁への帰塁は足からのスライディングをしよう!!

 

〇帰塁の基本はヘッドスライディング!


06/08 カープvs西武 今村猛 2塁牽制


判定をしない2塁塁審に東京ドームがざわつく


巨人 長野 牽制アウトに納得いかず講義

これらの動画は全て2塁への牽制です。

全てヘッドスライディングで帰塁しているのがお分かりでしょうか?

リードを取った状態での帰塁はヘッドスライディングでと教わってきた人が多いと思います。

ヘッドスライディングは危険だという話を以前記事にしました。

www.taguchizu.net

しかし、帰塁の際は全力疾走からのヘッドスライディングではないですし、1塁の場合はファーストと交錯する可能性はあまり高くないですから、リードを大きく取るためには致し方ないと思います。

それでも走塁用手袋(私は軍手で良いと思っていますが)を着用するようにはしたほうが良いと思いますが。

 

ただ、上の動画でやっているように2塁への帰塁でヘッドスライディングを行うことは非常に危険です。

機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

 

 

〇2塁牽制は内野手が動きながらの捕球になる!

2塁牽制の動画を見ても分かるように、2塁牽制の場合は1塁や3塁への牽制と違い内野手(セカンド・ショート)が動きながらの捕球になります。

そうなると、牽制球が逸れた場合、内野手のスパイクで踏まれてしまう可能性が出てきます。

前の項で紹介した動画は全てプロ野球のもので、ランナーもヘッドスライディングで帰塁しています。

これはプロ野球の方が投手・内野手のレベルが高いことから踏まれる可能性が少ないことが一つの理由です。

もう一つの理由は、全てアウトになりそうな牽制なのでランナーがリスクをおかしてもヘッドスライディングをする必要があったからヘッドスライディングをしているのです。

したがって上の動画のようなプレーを見て、プロ野球と同じようにヘッドスライディングでの帰塁を指導することはやめたほうが良いと思います。

 

下の動画をご覧ください。


2015全国高校野球準決勝 仙台育英vs早稲田実 佐藤世那の完璧な二塁牽制で窮地を脱する

こちらの動画で早稲田実業の選手は足からのスライディングで帰塁しています。

早稲田実業では2塁への帰塁は足からのスライディングが徹底されていることが分かります。

アウトになるタイミングなので、そういう場合のみヘッドスライディングをするように指導するというやり方もあるのですが、なかなか判断は難しいです。

当然、ヘッドスライディングで帰塁するよりもリードできる距離は短くなってしまうのですが、そこは安全面を重視し、足からのスライディングをチームで徹底すべきではないかと私は思います。

 

〇ちなみに…

ちなみになんですが、今回紹介した動画は全て牽制でアウトになってしまっていますが、どの牽制も野球規則にしっかりとのっとってジャッジするとボークです。

これは以前に何度か記事でお話ししたことがあるのですが、投手はプレートを外す際には必ず後方に外さなくてはいけません。


【牽制】花咲徳栄のボーク 東海大相模戦

こちらのケースではボークが取られていますね(ただ、2塁へしっかりと踏み出してもいないので、そちらの方でボークを取ったのかもしれません)。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net