中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

BPL理論(塚口理論)の紹介!メジャーから学ぼう!

BPL理論とは?

塚口洋祐氏がMLBを研究する中でたどり着いた野球理論です!

選手をパンチャーとスインガーの2タイプに分けて分析しています!

BPL理論式のピッチングやバッティングを試してみましょう!

 

〇塚口洋祐氏が提唱する「BPL理論」! 

最近流行の野球理論といえば「宮川理論」がまずあがりますが…

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

 

さて、今回は野球理論の紹介です。 

野球部の指導者としての指導技術を高めるため、野球関連の本を読んだり、はたまた陸上の本、トレーニングの本を読んだり、またはインターネットでホームページを見たりしています。

もちろん野球の指導本は役に立つこともあるのですが、ある程度数を読んでくると内容がかぶってくるので、最近は野球関連の本の場合はルール本のようなものを選ぶことが増えてきました。

その代わり、インターネット動画やサイトで勉強することが増えてきました。

 

そんな中、最近出会った指導理論の中で、

「これは珍しい」と思ったのが塚口洋祐氏のBPL理論です。

初めて見たのは2015年(遅いか…)で、ホームページで見たときは今までにない理論だなと感じました。

 ※調べたら塚口氏の書籍がありましたが、このときよりもさらに理論が深まっています。

メジャーリーグのバッティング技術

メジャーリーグのバッティング技術

 

 

〇パンチャーとスインガー

基本的にはメジャーリーガーのバッティングやピッチングを研究する中から生まれた理論のようで、選手のタイプを「スインガー」と「パンチャー」に分けています。

『段階的に加速していきMAXに持ち込む』のがスインガー。

『瞬発的に加速し、いきなりMAXに持ち込もうとする』のがパンチャー。

とBPL理論では説明されています。

従来の日本人選手、日本の野球指導ではスインガータイプが多く、メジャーリーガーにはパンチャータイプが多い。

このパンチャータイプを研究し、育てるノウハウをまとめたものがBPL理論というわけです。

※私はBPL理論に精通しているわけではなく、読んで共感をもち、導入してみたいと思っているだけなので、説明に誤りがあるかもしれませんので、ぜひ自分で確認して欲しいと思います。

 


DVD VOL2 股関節の斜め回転理論(打撃編)

こんな感じがパンチャーのバッティングです。

クラウチングスタイルから一瞬でフルスイングに持っていくのが特徴です。

確かにメジャーリーガーにはこういったスイングをする選手は多いですよね。

ちゃんと練習をすると、迫力あります。

 

このBPL理論、正直私はバッティングに関してはパンチャーは難しかったです。

これは合わないというよりは、今までずっと典型的なスインガーのバッティングを行ってきて、それなりに結果も残してきたため、そこから変えるのはかなりの労力が必要で、そこまでして変える必要を感じなかったという感じです。

むしろそれほどフォームをいじらなくてすみ、コネを修正できる宮川理論のほうが私には合っているなと感じました。

しかし、知り合いの先生には明らかにパンチャータイプのスイングをしている先生もいて、BPL理論を私が紹介したらすごくしっくり来たという方もいます。

私だってしっかりとBPL理論を指導してもらい、練習を積んだらパンチャーも合ってくるかもしれません。

BPL理論のバッティングが役に立たないということではありません。

小学生や中学生のうちから取り組めば、素晴らしい長距離砲が育つかもしれません。

実際に取り組んでいる方もいます!

新しい野球技術の教科書

新しい野球技術の教科書

 
BPL股関節理論 VOL1&VOL2

BPL股関節理論 VOL1&VOL2

 

↑こちらが塚口氏のDVDです…。欲しい。

 

〇ライアン上げとターン&タンブル!

ピッチングに関してはものすごくしっくりきました。

ピッチングのパンチャータイプは「ライアン上げ」と「ターン&タンブル」から成り立っています。


パンチャータイプ ピッチング

もともと上体主導で日本人っぽくない投げ方をしていたからでしょうか。

この二つは非常に合っていました。

「ライアン上げ」はその名の通りノーラン・ライアンのように足を上げます。

スワローズの小川投手のようにです。

これは股関節に力を入れやすく、爆発的な力を発揮しやすく、ボールに力が伝わっていくのが感じられました。

プラスしてフィニッシュも「ターン&タンブル」という特徴があります。

日本式のフィニッシュだと軸足は身体の横に来ますよね。


09/30 【田中将大】圧巻投球13勝目奪三振ショー

メジャーリーガーの田中投手でもそうなっています。

そうでなくとも、せいぜい身体の前方に軸足が来るのが精いっぱいかと思います。

BPL理論では日本式のフィニッシュではなく、MLBの多くの投手が採用している「ターン&タンブル」フィニッシュを推奨しています。

下の動画をご覧ください。


【163km】 シンダーガードの豪速球が超エグい!

投げた後に回転した勢いでグラブ側に倒れ込むようにフィニッシュしていますよね。

このようにフィニッシュすることで全身の力をボールに伝えることができます。

やってみると分かるのですが、慣れないとかなり難しいです。

しかし、上手にできるようになると球速も上がりますし、変化球のキレも増します。

ぜひとも試して欲しい投げ方です。

 

これに関してはこちらでも説明しています。

www.taguchizu.net

 

〇クイックモーションも特徴的!

「クイック」は通常のクイックとは異なり「オートマチックステップ」を用いています。

上体を動かそうとする勢いで勝手に足が小さく上がるのが「オートマチックステップ」です。

私はクイックが下手でよく盗塁を許してしまっていたのですが、このクイックはべらぼうに速いです。


オートマチックステップ投法

足を上げようとするのではなく、上体に勝手に足がついてくるのがオートマチックステップのクイックです。

このクイックならほとんど盗塁されないのではないかと思いました。

このクイックを取り入れるだけでもBPL理論を学ぶ価値はあると思います。

クイックについてはこちらの記事で詳しく解説しています。 

www.taguchizu.net

 

また、BPL理論のピッチング練習ではボールを持たずに行うシャドウピッチングを推奨しているのも特徴です。

それに関してはこちらの記事をご覧ください。 

www.taguchizu.net

  

 

以上、BPL理論の簡単な説明と感想でした。

別にBPL理論の宣伝者でもなんでもありませんが、優れた物は広まればいいと思っているのでよろしければみなさんホームページを見てみてください。

ホームページはこちらです(なんか最近見にくくなったよ)。

bplosaka.blogspot.jp

 

〇BPL理論と宮川理論の比較!

よく宮川理論と比較されることがあるのですが、宮川理論はレベルスイングを習得するには最高の理論だと私は感じています。

BPL理論の塚口氏は宮川理論に対しては否定的な立場なのですが、両方をある程度見させてもらった私からすると、BPL理論のバッティングにも宮川理論を活かせることは多いのではないかと思います。

結局、BPL理論のスイングもレベルスイングが特徴です。

塚口氏は肩乗せでの始動を勧めることもあるのですが、これも宮川理論がレベルスイングの習得に利用する方法と同じです。

フォームから何から全然違いますが、レベルスイングでスイングするという点は全く同じなので、宮川理論のL字や逆手などの練習で軌道を確かなものとし、BPL理論式のパンチャータイプのバッティングを目指すということは何も不思議ではないと思います。

宮川理論も最終的には「オリジナリティ」とうたっていますし、そう考えると両者は対立関係ではなく、補完する関係にあると考えると野球がおもしろくなるのかな~なんて私は勝手に考えています。

ただ、塚口氏は「片手フィニッシュ」に批判的です。

これは少し疑問。

メジャーリーガーの多くはパンチャータイプでありつつも片手フィニッシュが多


Aaron Judge: Every HR 2017 Season (1 through 21)

2017年大ブレイクしたアーロン・ジャッジ選手も時々片手フィニッシュすることがあります。

彼だけではないですけどね。

批判するその理由についてはホームページでは見つけられなかったです。

ツイッターなどで理由を明らかにしているのかもしれません。

 

塚口氏はツイッターでも活動をなさっています(よくケンカしてます…汗)。

www.taguchizu.net

  

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net