読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校野球部!絶対に強くなるヒント集

中学野球や部活動の経営をしている方々のお役に立てるように、野球技術のみではなく、組織づくりのことなど、野球部の経営に役立つ情報をどんどん発信していきます。また、野球小僧を育てたい親御さんに役立つ情報、教育問題への提言も掲載していきます。

スポンサーリンク

短い練習時間で効果を出す!練習の効率化!

練習 野球その他

ただ漫然と練習していませんか?

選手が練習できる時間は限られていますよ!

 

〇特に冬季の練習時間は短い!

以前、シートノック不要論ということで、多少おおげさな表現をしましたが、限られたスペース、限られた時間の中で効率の良い練習が必要だという話をさせていただきました。

おまけに冬季になると練習時間もかなり短くなってしまいますよね。

www.taguchizu.net

反響も大きかったので、今回は守備練習以外の効率化について考えてみたいと思います。

 

1、ウォーミングアップ

…以前私はウォーミングアップにものすごくこだわっていました。

私のチームでは試合前のウォーミングアップに野球体操を取り入れているのですが、15分ほどかかります。

ランニング→体操→野球体操で20分くらいでしょうか。

普段の練習でもこの流れでやっていたのですが、2時間程度の練習時間のうち20分がこれに取られてしまうのはどうかと考えるようになりました。

トレーニングとしてとらえるなら野球体操はありです。

しかし、実戦練習ではないので、春先など少しでも技術を身に着けさせたい時期はこの時間を走塁練習に充てることにしました。

以前ブログに掲載した4か所走塁練習です。

これだと同じくらいの時間でできて、走塁練習になるので効率が良いです。

www.taguchizu.net

ちなみに野球体操というのはこの本が元祖です。

野球体操

野球体操

 

最近書店では見かけなくなりました。

効率という点で毎日行うのはやめましたが、

野球体操自体はおすすめですよ。 

www.taguchizu.net

 

2、バント練習

…以前は4人組でバント練習を行っていました。

一人10球で行うと10分弱かかるといった感じでした。

しかし、これだと受ける本数も少ないし、守っている時間が無駄なので効率はあまり良くないです。

そこで考えたのが「高速バント練習」です。

ネットを背にして2人1組もしくは3人1組で行います。

投げ手のところにボールケースを用意してポンポンポンポンどんどんボールを投げます。

バッターはひたすらバントをするのですが、ボールは後でまとめて集めます。

一人5分もやると50球くらいやることができます。

後でまとめて集めます。

ボールに限りがあるので5か所くらいしかつくることができませんが、2チームに分けてもう1チームはあまりボールの数を必要としない練習(ペッパーやランダウンなど)をして時間で交代という形にすると良いと思います。

私のチームではボールが足りなかったので、テニスボールも利用しました。

テニスボールは弾み方こそ違うもののボールの怖さは少ないので低学年の子に特におすすめです。

バント練習についてはこちらの記事もどうぞ。

www.taguchizu.net

 

3、バッティング練習の合間や練習試合のイニングの合間

…本当にちょっとした時間なのですが、バッティング練習の合間や練習試合のイニングの合間も何もしないのはもったいない時間になります。

私はバッティング練習はグループごとに分けて順番に行っています。

バッティング・バッテリー・守備×2の4グループになることが多いので、バッティングとバッテリーのグループがボール拾いや準備を行っている間に守備の子たちにゴロ転がしやフライ投げをやってあげています。

合間の時間なので一人1球くらいですが積み重ねると大きな時間になります。

試合の合間も同じで、練習試合では控えの子たちにゴロ転がしやノックをしたり、素振りを見てあげたりしています。

これは以前書いた控えの子のモチベーションを上げることにもつなげています。

www.taguchizu.net

以上、効率を上げるためのちょっとした工夫でした。

参考になれば幸いです。

 

〇甲子園に出場するようなチームでも短い練習時間を工夫していることだってあります!

sportsnomori.com

私もこちらの記事を読むまで知らなかったのですが、東京の強豪校「日大鶴ヶ丘高校」も練習時間2時間という限られた時間の中で工夫をして結果を出している高校なのだそうです。

公立校では21世紀枠で甲子園に出場するような学校で2時間の練習時間というのは、いくつか聞いたことがありますが、私立の強豪でもそんなところもあるのだなと驚きました。

時間は無限にあるわけではないですし、中学生であれば他にやらなくてはいけないこともたくさんあります。

短い練習時間でいかに効率良く練習をするか、ぜひ指導者の方々には真剣に考えてもらえたらと思います。

 

関連記事です。

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net

www.taguchizu.net